2005年09月27日

2005年09月25日

東條由布子さんの石原慎太郎批判のメール

>00様

貴方の『大西中将、阿南大将が靖国神社に合祀されていないと

は知らなかった、靖国神社は考えなければならない」という貴

方の感想を読んで危機感を覚えました。

新聞はこんなに大きな影響を及ぼすのですから、何かを書く場合、

話す場合、よほど精査してかからないといけませんね。

お二人とも早くから合祀されております。

遊就館の中で、阿南閣下の血染めの遺書が一番目立つ遺品ですから、

石原さんは、ただの一度も、新・旧の遊就館に行かれていない証拠に

なります。真実を貴方にもお教えしたく思います。

「MPが来たので慌てて陰に隠れて、死ねるはずもない22

口径の拳銃で撃った」とまことしやかに書いておりますが、そ

のいきさつは、様々な書物を読めば判ることです。私の本にも

書いてありますので、是非読んでくださいませ。

念のために書き添えます。

東條と日本政府の間には、日本政府が逮捕にくるという誓約が

なされていたのです。

何故なら、大東亜戦争は国際法には違反していない自衛戦争だった

と言う確固とした大義が日本にはありましたから。

従って、「連合軍が逮捕に来た場合には自決する」と祖母にも、お手伝い

さんにも護衛の巡査にも宣言していました。

60年前の9月11日,くしくも投票日の今日です。逮捕に来た連合軍

が持っていた令状は日本政府のものでは無かったのです。

東條は打ち合わせ通り、皆で手分けして家中の鍵を締め祖母を裏庭から

逃しました。

自決を成功させるため、連合軍が入ってくるまでの時間稼ぎに

応接間にはバリケードを造り、かねてから机の上に用意してい

た拳銃で撃ったのです。

恐らく利き手の左手で撃ったのでしょう。

決して、石原さんが言っているように慌てふためいて陰に

隠れて撃ったわけでもなく覚悟の自決だったのです。

それから、3年3ヶ月、東條は日本国の弁護のために、散って逝った多

くの部下たちの名誉のために、命をかけて法廷で戦いました。

その間、自決未遂については、様々に嘲笑され、軽蔑されよう

とも、一言も弁解はしませんでした。

そして、処刑の5分前に東條は花山教戒師に『自決に使用したのは

古賀の拳銃だったことを妻に伝えて欲しい」と頼みます。

何故なら、昭和20年8月15日に、自決した娘婿の古賀の死を悼み、

自決することになったなら、古賀の拳銃を使用することを心に決めて

いたのでしょう。

しかし、軍人として、戦争指導者として、自決未遂だったのは、

「初めて使用した拳銃だった、或いは銃身が長く重かった」

など口が裂けても言えないことだったのです。

死に赴く5分前に祖父はこの世で最初で最後の弁解をしたのです。

当時の医学では救命は不可能といわれるほどの出血多量で

瀕死の状態にあった祖父に、米軍は応接間で最高の応急処置を

施し大森の軍の病院に入れたのです。

東條が握っていた死ねる筈も無い22口径を見てMPが失笑していた。』

などと、石原慎太郎さんは冷たく書き放し、佐々淳行さんも

「軍人のくせに未遂するような、だらしない東條は靖国神社から分祀せよ。」

などと書いておられますが、余りにも冷酷無比ではないでしょうか。

国家、国民に対して、開戦及び敗戦の重責を詫び、死をもって償おう

とする日本の首相に向かって、これほどの侮辱に満ちた言葉は

ないでしょう。

東條の心情を思うと、一人の人間として、日本民族の一人とし

て、石原さん、佐々さんの言動を許すことが出来ません。

真実を知って欲しくて長いメールをしました。どこに転送して

いただいてもかまいません.

九月十一日 東條由布子<

posted by ディポ at 00:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 慰霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

日露戦争の主な戦闘

日露戦争の主な戦闘.jpg
満遜をロシアの権益化に 朝鮮を日本に 
いわゆる満韓交換論を狙った日ロ交渉は暗礁に乗り上げ、「朝鮮は日本の防衛線」とする日本は武力を行使しても朝鮮を支配下に置くことにした。
明治37年2月4日御前会議で開戦を決意した。

posted by ディポ at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事・外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日清戦争の作戦図

日清戦争作戦図.jpg明治27年(1894)朝鮮の東学党(倭洋追放を叫ぶ宗教団体)蜂起に端を発した日清戦争は老大国清を相手にした近代日本初の対外戦争である
posted by ディポ at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事・外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。