2008年02月28日

沖縄人の見た沖縄戦A

 −座間味に咲けよ桜と木槿−
       ルポライター(沖縄県国頭郡出身) 富村順一  
               昭和史研究会会報 130号引用

 オモニーが語る木槿さん
 話は違いますが、私が高島屋の前の軒下で五年以上、雨の日も風の日も路上生活していた頃、月に二、三回私の所にホルモン焼きやキムチの漬物を持ってくるお婆ちゃんがいました。時々私が訴える話をじっと聞いていましたが、ある日のこと「実は座間味島に木槿の木を植えたい」という話がありました。「何故あなたは座間味島に木槿の木を植えたいのですか」と訊いたところ、「一年足らずであったが座間味に居りました。金木槿という友達が座間味島で戦死をしました。実は私は木槿さんと一緒にお仕事をしていました」と話されたのです。木槿と同じ釜山の出身で、座間味島に来たようです。金木槿さんとは隣近所で、朝鮮人に騙されて日本に来てくれと云われ、慰安婦にさせられたと云うことです。「木槿の家もよく知ってますが、名前と同じような木槿の木を彼女のお父さんが庭に植えていて、毎年その花は咲いてます。私はその木槿の花を見るのが辛くて、また日本にやって来ました。」
 余り詳しくは語りませんでしたが、座間味島で日本兵と共に自決した金木槿さんの友であり、戦場の慰安婦でもあり、また看護婦でもあった女性でした。

 朝鮮人に騙され慰安婦に その女は釜山の中学校を卒業してます。木槿さんは大正生まれで、日本人として生まれて日本人として学校に行ったそうです。そうして朝鮮の病院で見習い看護婦をやっていたのですが、同じ朝鮮人に、日本に病院の仕事があるからと騙されて日本に連れて来られたのです。強制連行されたのではありません。これはそのオモニーの話です。
 そのオモニーは奥さんを亡くした韓国人の後妻になってホルモン焼き屋をしていたんです。難波にお店があったようで、一週間に一遍来てくれました。そして私が梅沢さんと相談して書いた座間味の看板を見て話しかけてきたのです。私はあんな達筆の看板は書けない。私が頼んで梅沢さんが公園で書いたんです。

 私が高島屋の正面玄関の前でそんなことが出来たのは、野村秋介さんのお蔭でもあるんです。野村秋介さんが山口組の南一家のヘンジャンテさんに頼んでくれたんです。東京でも野村秋介さんが、やくざ者に妨害されないように紹介状を書いてくれ、木刀まで貰いました。

 桜と木槿を座間味の島に
 私はその女性と約束したことがあります。いずれ一緒に力を合わせてあの座間味の島に木槿だけではなくて、日本の桜も植えようではないか。一緒に自決した軍人は桜に譬え、木槿は韓国の花であるから、二つ一緒に並べて植えれば、天国の二人も喜ぶのではないか、というような話をしたこともあります。 だがそれから私は高島屋の前に出られなくなって、その小母さんと会うことが出来なくなりましたが、たしか大阪の生野区にいらっしゃるという風に話してました。

 もし自決した慰安婦が日本人であったならば、大和撫子として誉め称えられたと思う。
 今度の裁判(集団自決冤罪訴訟―中村)は元部隊長を支援するだけではありません。元部隊長の無実を明らかにすることで教科書を正しく直すことも私の目的の一つです。
 また仮え朝鮮人慰安婦であっても、戦場で従軍看護婦となり、負傷した日本軍人のお供をして自決したとなれば、放っておいてはいけません。日本人として日本の教育を受け、少くとも大和魂があったからこそ、自決したと私は思ってます。私は大和魂には余り賛成しませんが、彼女はそう信じて日本軍人のお供をした訳ですから、私は日本政府だけでなく国民もその慰安婦に感謝すべきだと思います。

 自決した沖縄出身の大城明さんにとっては六十年経ってもまだ戦争は終っていなかった訳です。その自決に追い込んだのは『沖縄タイムス』、沖教組、関係者が捏造した本が原因です。これでは大城明君も報われない。また野戦看護婦として自決した金木槿さんも浮ばれない。いま私は、いずれ体が回復すればあの座間味島に木槿の木と桜の木を植えたいのが願望です。そのことについて協力して下さるという方々もいらっしゃいます。私は一日も早くそれが実現出来るようにいま努力しています。彼女は日本の教育を受け、私の
想像では大和撫子の魂をもって自決し、お供したと思います。

 押しかけて来た大江派
 話は変りますが、今大江(健三郎)先生を支援している方々の中には私の知人が沢山います。(十一月)九日の裁判を傍聴に行き、多くの知人と会いました。それらは皆大江さんを支援する人達でした。沖縄からはフォークシンガーも来ていました。その人と私はレコードを出したこともあります。

 実は去年(平成十八年)十月に私は堺市の阪南病院という精神病院に一晩泊められたことがあります。大江支援者が何度も私の家に押しかけ、私と目論となり、私はその人達を木刀で叩き、大怪我をさせたことがあります。その連中は何遍も私の家に押しかけてきて、また私の留守中に出版物や名刺などを盗んでいくために私は犯人は判かっていました。大江先生を支援するグループと知ってましたから、警察に訴えましたが、警察は対応しませんでした。仕方なく私は、今度来たらひどい目に遭わせてやろうと思って枕元に黒檀の
木刀を置いてありました。その木刀は朝日新聞で拳銃で自殺なさった野村秋介さんから頂いた木刀で、今手元にあります。

 島を救った元隊長さん どのようにして話してよいか、前後区別もつかなくなり、何度も録音を取り直しましたが、自分の云いたいことを録音出来ません。 私は人間を余り信用しません。と云うのは、座間味戦記を書いた、中村先生御存知の宮城晴美さん、あの『母の遺したもの』は、梅沢さんが自決命令を出してないと断言してます。だが彼女は法廷ではその立場を覆えした。そのようなことを新聞で読んだことかあります。自分の書いたものにも責任が持てない。それは無論他人事だけではなく、私も赤松隊長について間違ったことを聞き、書いたことがあります。
これは謝罪すべきです。何れ本が書けるようになれば、本で間違ったことを訴えているのなら、また本で謝罪をしたいと思ってます。 私は嘘を云って遺族年金をごまかした人間が一方的に悪いとは思っていません。
 もし梅沢隊長や赤松隊長に濡れ衣を着せなければ、今の座間味島や渡嘉敷島はあのような仕合わせな島にはなってはいません。宮城初江さんが嘘の沖縄戦記を書いたために、多くの本土の方々は宮城初江さんから捏造した沖縄戦記を聞き、その家に泊り(宮城初江さんは民宿を経営していた)、帰る時には余分な金まで置いて行ったために、宮城初江さんの三人のお子さんが大学に進学出来た訳です。また本土から平和教育のために多くの中高校生が行ってます。その語り部が宮城初江さんなんです。
 亡くなられた赤松隊長には申し訳ありませんが、濡れ衣を着てくれたお蔭で島の人が仕合わせになったとお考えなされば、気も休まれるんではないかと私は思ってます。故に沖縄の座間味島、渡嘉敷島の戦後の困難を救った方が、濡れ衣を着た梅沢隊長であり、赤松隊長だと思います。そのようにお考えになれば、多少なり心が安らぐことがあるのではないでしょうか。

 「沖縄出身の日本兵」のこと さて、私が沖縄戦を語る時、ただ座間と渡嘉敷ではありません。久米島でスパイ容疑で殺された朝鮮釜山出身の具仲会さんのこともあります。戦前、具仲会さんは沖縄で鍋や薬缶などを修理する鋳掛け屋さんをしていました。その方は標準語を使っていたので、日本人だと思ってました。あとで韓国人だと判りましたが、その家族七人がスパイ容疑で生後三ヶ月の赤ちゃんまで殺されました。

 その日本名谷川昇、具仲会さんは三年間私の面倒を見て下さった方です。何故私が具仲会さん一家にお世話になるようになったかと申しますと、具仲会さんは鍋や薬缶、釜の修理をしながら、朝鮮飴とスクラップの物々交換をしてました。私はその朝鮮飴を全部盗んだのです。具仲会さんに捕まってしまい、盗んだ理由を話すと、「ならば家に居なさい」と云う訳で、私は具仲会さんと一緒に具さんの大八車の後を押して、三年間沖縄本島を渡り歩きました。その一家が私にとっては命の恩人であり、また具仲会さん夫婦は私にとっては三年間、お父さんでもあり、お母さんでもあった訳です。

 長男坊に私より二つ歳下の一夫君がいましたが、一夫君が米軍の缶詰を持っていると山の部隊に報告したのは、一夫君の先生なんです。その先生がカズオ君が米軍と会っていたとか、様々なことを部隊に報告した訳です。 また朝鮮人一家だけでなく、二十三人の町民もスパイ容疑で殺されましたが、そのリストを作ったのは学校の先生であり、女性で初めて県会議員になった上江洲トシさんです。そのことは私は『隠された沖縄戦記』という本に書いていますが、事実であるから上江洲さんは私を訴えることは出来ません。 また島民を殺した日本兵と云えば、皆本土出身の日本兵と思うでしょうが、本土出身の日本兵は沖縄の地形はよく知らず、同じ沖縄人をスパイ容疑で殺したのは現地で入隊した防衛隊であり、護郷隊です。沖縄出身の日本兵です。だから沖縄の作家達は、沖縄戦記を書く場合には、「沖縄出身の日本兵」とは書かないのです。ただ「日本兵」と書けば、日本人は「本土出身の日本兵」と考えるでしょう。 このように沖縄入は、自分達に都合のいい沖縄戦記を書いています。

 日本兵を殺した沖縄人
 さて、自分のことも云わなければなりませんが、米軍が本部半島や今帰仁に上陸すると同時に、本部村と今帰仁村の村民は米軍によって全て今の名護市、もとの久志村に収容されました。故に久志村に行った人々は飢えてましたが、今帰仁や本部は無人の村となり、芋をはじめとする食べ物が沢山ありましたので、私達は久志村の山を越えて、四、五日おきに本部や今帰仁の畑に芋掘りに行ってましたが、久志村の山では南部から生き延びてきた日本の敗残兵が四、五人ずつグループをつくり、二百人近くいました。私達が歩いてい
ると、飢えた日本兵がよく「芋を下さい」と云って私達少年に頭を下げてきました。

 ある日のこと、元学校の先生が、「山には日本兵がいるでしょう。その日本兵にこの手紙を渡して下さい」と私達四、五人の少年が手紙を預りました。手紙の内容はよく分かりませんでしたが、私達は本部に芋掘りに行く時に、途中の山に立て籠もっている日本兵に渡したのです。 その翌朝、午前三時頃、激しい機関銃の音がするので、夜が明けてから行ってみると、きのう私達が手紙を渡した日本兵です。後で知ったことですが、私達に手紙をことづけた元学校の先生は手紙に「食べ物はあるから村まで取りにお出で」というような内容を書いていたようです。

 翌朝、自分達がきのう手紙を渡した日本兵が田圃の中で死んでいました。昭和二十一年の秋でした。沖縄は年に二度米が取れますが、二回目の稲が青々と茂ってましたので、秋だと私は思ってます。
 沖縄人は物欲しさに、山に隠れている日本兵をおびき寄せ、米軍に狙い撃ちさせ、そのご褒美に食べ物を貰った人達も沢山います。私もその一人です。だがそのような沖縄戦記を書く人は沖縄には居ません。だが私は『沖縄戦語り歩き』という本に書いてます。私が一番今でも悲しい思いをしているのは、四、五十人の村人が大きな壕に避難してました。一番奥には学校の先生や村の有志達が一番安全な所に坐り、子供達やお年寄りは弾除けのように壕の入口に坐っている訳です。そのようにして犠牲になった子供やお年寄りが沢山
います。

 また或る日のこと、元学校の先生が、或いは村の有志が、私達十二、三歳の少年達に「喉が乾いたので砂糖黍を取って来い」と云ったので、私達は三人で砂糖黍を取りに村きました。その時に二人の少年は、米軍によって艦砲射撃で殺されましたが、それがきっかけで、私は村人の壕に帰らず、一人で居るハンセン氏病のお爺さんと沖縄戦を生き延びたのです。

 戦後四、五年の沖縄の現状は、今の北朝鮮と同じだったのではないかと私は思ってます。終戦後、金は通用しません。全ての食べ物は米軍からの無償配給です。故に公平に分配すべきですが、この分配する係りになったのが元学校の先生や村の偉い方々です。その人達が他の一般の人達の何十倍も横取りして、飢えた人達は蘇鉄を食い、命を落とした人も沢山居ます。中毒死する蘇鉄も、食える蘇鉄もありますが、その見分けはつきませんでした。 故に人間は、いくら知識や知恵があっても、飢えた時には狼になると思います。
posted by ディポ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事・外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

中国人の本性 孫文と馬英九

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成20年 2月20日(水曜日)通巻 第2090号 

 馬英九は1981年から米国パスポート(永住権)を持っていた
   蒋経国をさえ欺いてグリーンカード保有を隠し通してきた
********************************
 お人好し日本人をたぶらかして大金を集め、最後にはコミンテルンの謀略も作用してかソ連に寝返った「革命商人」(革命を口にしてカネを集める天才)の筆頭は孫文。中国大陸ばかりか台湾でも、いまなお「国父」と呼ばれる。

 孫文は米国の国籍を持っていた(1981年ジョージア大学のトーマス・ギャンシュオー教授がワシントン国立アーアイブで発見)。
 1904年3月14日、孫文はカリフォルニア州当局に市民権を申請した。孫文の出生地は広東省香山県翠亮村となっており、この出生地に疑惑を持った当局と裁判沙汰になったが、弁護士をつけて孫文が勝訴し、同年4月7日にアメリカ国籍を取得した。
 
 グリーンカード保有がばれたとき、馬英九はこう言って開き直った。
 「孫文先生さえも米国籍だった。私がグリーンカードを保有したくらいで騒ぐことはない」。

 孫文が国籍を獲得したのは清国政府がお尋ね者として海外手配していたからだ。
海外亡命先で政治活動を保護されるには当該国籍を取得せざるを得ず、戦後、日本に亡命していた多くの台湾独立活動家も本国送還になれば戒厳令下の独裁政権に逮捕されることに間違いはなく、いわば方便として仕方がない。
何人かの活動家は日本国籍を得た。それには弁明の余地が十分にある。

 しかるに馬英九の場合、当時から政権与党=国民党員であり、国民党から米国へ留学し、その留学先に台湾から刺客が送られる心配はまるでなく、永住権を取る必要がどこにもないのである。
 グリーンカードは、たとえばアメリカ人を配偶者としている日本人も保有することが出来るが、独立という精神から言えば祖国への裏切りになる。

 台湾では国民党員でも密かにグリーンカードを保有した者が多かった。80年代には、ちょっとした役人でも持っていた。
また蒋介石と同時に逃げ込んだ香港からの難民にはイギリスのパスポートを保有していた者が多くいた。

そのため蒋経国は、二重国籍の徹底調査を命じていた、まさにその時期に馬英九は米国からグリーンカードを持って台湾に帰国し、蒋経国(当時は行政院院長=首相に相当)の英語通訳を務めたのだった。
posted by ディポ at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

人権擁護法案をめぐる主な発言

人権擁護法案 主な発言
産経新聞 20.2.13
posted by ディポ at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

北海道の高3の性体験4割超す 

高校生の性体験率

低年齢化、鮮明に 道教委、6年ぶり調査
 道教委と道学校保健審議会は十三日、道内の中学、高校生四千三百三十人を対象に六年ぶりに実施した「生徒の性に関するアンケート」の結果をまとめた。「性体験がある」と答えた高三が男女とも初めて40%を超えるなど高校全学年で六年前より3−10ポイント上回り、性体験の低年齢化が鮮明になった。

 調査は昨年十、十一月、中学、高校(全日制)とも二十八校を自治体の規模別に無作為抽出し、各学年一学級に調査用紙を配って回収した。
 学年別の性体験率は、男子が高一14%、高二27%、高三42%。女子は高一19%、高二31%、高三43%。
 「体験あり」と回答した高三に初体験の時期を聞いたところ、男女とも高一が最多で男子が31%、女子が35%。中学生や小学生の時と答えた合計も男子が41%、女子が36%あった。

 性交渉を求められた時の対応として「互いに納得すればしてもよい」など肯定的な高校生は六年前より10ポイント以上減り、「結婚までしてはいけない」など否定的な考えが10ポイント以上増えた。
 意識の上では性に対する考えが保守化した形だが、一方で意識と行動が乖離(かいり)している実情が浮かび上がった。
 性体験がある生徒のうち「家族から大切にされていると思う」と回答した割合は28%なのに対し、「思わない」は50%と大差がついた。
 また「いつも避妊した」割合は六年前より男女とも10ポイント以上増加したが、なお50%強にとどまっている。

 道教委は、若年妊娠による人工中絶や性感染症のまん延などの観点から、中学、高校生での性体験は好ましくないとしており、「学校の指導に加え、家庭での教育が重要だ」(学校安全・健康課)と話している。
(道新02/13 )
posted by ディポ at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

日本人メジャーリーガーの所属球団

クリックしたら大きく見えます

日本人メジャーリーガーの所属球団
産経新聞20.2.14
posted by ディポ at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

曽野綾子の「奉仕活動の義務化、強制から始まる教育」

曽野綾子の透明な歳月の光
奉仕活動の義務化、強制から始まる教育

 二〇〇〇年に教育改革国民会議が聞かれた後、委員が提出した個人意見の中で、私は奉仕活動を義務化することを提案した。私の案では、満十八歳の一年間を奉仕活動に動員するのである。十八歳というのは、希望する大学の入試を済ませるか、就職先を決定した後の一年ということだ。行き先を決めておいて安心してからこうした体験をする。

 もちろん病気の人は例外だが、障害者は普通の青年と同じに、できることをしてもらう。生活は共同、早寝早起き、同じものを食べ、大部屋に暮らし、携帯やテレビゲームは禁止、テレビは合議制でチャンネルを選ぶ。

 奉仕活動の中では体育にも重きを置く。長い距離(二十キロくらいくらい)を歩く。野外で煮炊きする。穴を掘る。何でもいいけれど、とにかくサバイバルの自信をつける。

 その間に習いたい技術があれば教える。森で間伐をする。農業を手伝う。災害ボランティアの組織を教える。高齢者の介護もますます人手が要るだろうから、お話し相手をする、散歩に遅れ出す、買い物の手伝いをする、などは素人にもできるだろう。

 未熟な素人を使うことはかえって面倒であることはよくわかるが、これは教育の一環なのだから、失敗も面倒も覚悟の上でなければならない。

 人は禁止されて初めてほんとうに自分のしたいことがわかる。強制される暮らしの中でこそ自由になったら何をしたいかがわかって来る。それが人生の選択だ。

 この世に何十年か生きていくには、必ず必要なこともある。それは「受けて与える」という二つの行為ができなければ成人とは言えない、ということだ。
 しかし会議が解散された後、私は「教育に強制は禁物だ。それはかつての軍国主義的思想の育成につながる」という非難の大合唱の波にさらされた。しかし私は今でも「幼死期の教育」と「或る分野に初めて挑戦してみる場合」だけは、強制で始まってかまわないと思っている。

 例によって、新聞ならぬ古い新聞「旧聞」を読む癖が出て、昨年十二月二十六日付の毎日新聞を読んでいたら、仏文学者の鹿島茂氏が「不朽版 引用句辞典」の中で、「無から生じるものは無だけだ」というシェイクスピアの言葉が、現代教育の荒廃のすべてを解く鍵だとしておられた。 登校拒否、就労拒否、すべてがこの道理に当てはまる。

もちろん子供側も「彼らなりに、損得勘定を働かせて、登校拒否や労働拒否を選んだのである」が、その対策としては「彼らが『子供の損得勘定』を働かせるよりも前に、無理やりにでも教育と労働の価値体系の中に引き込む」他はないと言われる。
「つまり入口における『強制』である。教育とは、『強制』から始まるのである」
 私は何年目かにやっとシェイクスピアさまを含めて二人の援軍に出会った。

産経新聞20.2.4
posted by ディポ at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝統・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

Depot(ディポ) 280テーマ一覧

◎Depot(ディポ) 280テーマ一覧
Depot 徒然なるままにエッSAY!の資料庫
http://wildhorse-depot.seesaa.net/
2005年9月19日〜2008年2月10日
徒然なるままにエッSAY!の資料源として新聞雑誌等で公表されている画像・表・グラフ・手記等をまとめたもの

2008年02月10日 南原、丸山流の「理想論」を脱せよ
2008年02月09日 「ミリメシ」ブーム
2008年02月08日 中国スパイ「米国の脅威」
2008年02月07日 毒ギョウザ事件の中国“開き直り”調査団
2008年02月05日 中国国内でのメタミドホス中毒および死亡状況
2008年02月04日 日本相撲協会の新役員

2008年01月28日 韓国 10代の性犯罪
2008年01月23日 金日成のウソ
2008年01月19日 終戦以後の韓国・朝鮮人の不法入国者摘発数
2008年01月17日 ガス田 共同開発協議
2008年01月08日 未婚の男女同居者数
2008年01月07日 府中刑務所3000人の正月
2008年01月04日 韓国人偏重のパン国連総長
2008年01月02日 中国の現実 女性誘拐売買
2008年01月01日 国賓 公賓とは何か

2007年12月31日 【詳説・戦後】沖縄の言論
2007年12月27日 低くなったアメリカ人の身長
2007年12月24日 脳卒中 tPA治療
2007年12月23日Depot(ディポ)260テーマ一覧
2007年12月20日 郷土料理百選
2007年12月19日 2005年調査 都道府県別平均寿命
2007年12月17日 南京入城 旧陸軍兵の証言
2007年12月15日 夫婦についての思い
2007年12月13日 夫の喫煙と妻の肺せんガン
2007年12月11日 データに見る今季の国内ゴルフ
2007年12月10日 朝鮮は昔から日本をどのように見てきたか
2007年12月09日 65歳以上の人口の割合
2007年12月04日 2007年度 「国民の豊かさ」上位10か国

2007年11月26日 競馬の賞金 配分率
2007年11月23日 世界で高評価の日本 
2007年11月22日 京大が「万能細胞」作成に成功
2007年11月19日 船場吉兆と吉兆グループとの関係
2007年11月17日 基礎からわかる「朝鮮総連」
2007年11月08日 参議院の議席とGHQが駆け引きに使った創設

2007年10月26日 全国学力調査結果公表
2007年10月24日 民主・小沢代表の政治団体に「山田洋行」が献金600万
2007年10月17日 年齢別の性交経験率
2007年10月14日 セ・パの年俸比較
2007年10月09日 思い込みの沖縄論
2007年10月08日 沖縄教科書抗議集会、参加者は「4万人強」 主催者発表11万人にモノ言えず
2007年10月06日 生保不払い910億円

2007年09月21日 金総書記が認知症の初期症状?
2007年09月18日 小沢一郎をめぐる不審な政治資金の流れ
2007年09月02日 「教育刑」という空想
2007年08月22日 主な活断層・海溝型地震の長期評価
2007年08月16日 生活保護費と最低賃金の比較

2007年07月08日 徒然なるままにエッSAY! カテゴリー別 351テーマ一覧
2007年07月08日 BRICsと日米のGDP
2007年07月07日 博士号の取得と在米アジア人留学生
2007年07月05日 中期防衛力整備計画(05−09年度)

2007年06月28日 各国の年金事情
2007年06月27日 中国の公害 2万8000件
2007年06月26日 岐路に立つ日教組
2007年06月24日 【正論】社保庁問題は国鉄問題にそっくり
2007年06月24日 法曹界の超大物ボケ老人
2007年06月23日 中国に対するODAの実態
2007年06月12日 中国には子供を生む自由はない
2007年06月11日 ODAと外務省役人の怠慢と無責任
2007年06月10日 中国の衛生観念
2007年06月03日 李登輝前総統、後藤新平賞受賞記念スピーチ

2007年05月30日 広がる中国産食品、医薬品の毒物禍
2007年05月28日 体重477キロの巨大イノシシ射止める 11歳少年
2007年05月27日 中国選手の悲惨な末路
2007年05月26日 元気のない40〜50代
2007年05月22日 中国新幹線 マナーぼろぼろ
2007年05月08日 金正日の別荘
2007年05月06日 中国の"新植民地主義"に反感募るアフリカ諸国
2007年05月04日 何でもありの反日法案(韓国)
2007年05月02日 「赤ちゃんポスト」ドイツの先例

2007年04月30日 主要各国の指導者の年間給与
2007年04月29日 朝鮮戦争時の韓国軍捕虜もシベリア抑留
2007年04月28日 ゾルゲ事件 対日工作
2007年04月17日 南太平洋キリバスの「醜い韓国人」
2007年04月16日 マナー欠如の中国スポーツ
2007年04月10日 日本海の名称に関する調査記録
2007年04月09日 イラク開戦4年 やまぬテロ行方見えず
2007年04月08日 爆破音に怯えるハン国連事務総長

2007年03月21日 徒然なるままにエッSAY! 338テーマ一覧(カテゴリー別)
2007年03月21日Depot196テーマ一覧
2007年03月18日 執拗に慰安婦問題で日本を貶めるマイク・ホンダ下院議員と中国系の金
2007年03月14日 偽証が氾濫する韓国の法廷
2007年03月12日 軍隊と性管理
2007年03月11日 盗難金属は中国へ

2007年02月23日 外国人犯罪
2007年02月21日 東京都内の暴力団勢力図
2007年02月10日 日本品、模造被害9兆円
2007年02月09日 東シナ海のガス田問題
2007年02月07日 17世紀初頭の北方領土
2007年02月06日 国家と教育の再生は「家族」から始まる
2007年02月04日 10億を超える不動産購入の小沢一郎
2007年02月03日 “宝の海”狙う中国 資源戦略の壮大
2007年02月02日 日本学士院とは
2007年02月01日 中国の汚染食品

2007年01月27日 日米開戦 最後通告 外務省が公電を改竄
2007年01月25日 2006年7月FIFAランク
2007年01月24日 「安倍政権に期待すること」桜井よしこ 
2007年01月22日 シングル女性 米国で過半数日本は42%
2007年01月21日 旧日本軍「細菌戦研究」の実態
2007年01月20日 06年世界の大学ランキング
2007年01月18日 確定死刑囚の総数94人
2007年01月16日 国民生活に関する世論調査
2007年01月15日 日本の歌100選
2007年01月12日 防衛省の組織改編
2007年01月11日 住んでみたい街
2007年01月04日 ◇特集 悠仁親王は「猿のぬいぐるみ」!「陛下のガン」も笑いのネタにした「皇室中傷」芝居

2006年12月31日 韓国大統領の軍批判発言
2006年12月30日 脱北者による北朝鮮体制の耐久力評価
2006年12月28日 靖国神社・遊就館の展示方針
2006年12月27日 国連分担金 19・46%から16・62%に低下
2006年12月23日 長崎級 核攻撃シミュレーション
2006年12月21日 四季の心(達磨大師の言葉)
2006年12月20日 福沢諭吉 心訓七則
2006年12月18日 EUの喫煙率
2006年12月17日 南京事件に対する中韓の連携
2006年12月15日 北のスパイ組織「一心会」
2006年12月12日 旧ソ連以来続く「毒殺」
2006年12月10日 真珠湾攻撃 日米の損害
2006年12月08日 植村海軍大尉「愛児への便り」
2006年12月06日 労働力人口 2050年2171万人減り4471万人に
2006年12月05日 3つの戦争における米国の戦死者と戦費
2006年12月04日 メタボリックシンドロームの診断基準
2006年12月03日 新規HIV感染者とエイズ患者の推移
2006年12月02日 新語・流行語の大賞は「イナバウアー」と「品格」

2006年11月28日 学級崩壊の現況とプロセス
2006年11月27日 中国のキリスト教弾圧
2006年11月26日 「蛍の光」には3番・4番の歌詞があった
2006年11月24日 朝鮮総連傘下の謎の組織「科協」に迫る
2006年11月21日 政党交付金
2006年11月19日 総連「科協」1200人組織 北工作機関の直轄
2006年11月18日 携帯利用世界で2 1億人、ネットは10億人
2006年11月17日 団塊の世代の自負と心残り
2006年11月16日 中国の「食」汚染
2006年11月15日 ■中国汚れる大地■
2006年11月14日 性行動の若年化 女子がりード?
2006年11月13日 外国出身の「役力士」過半数目前
2006年11月10日 いまどきの高校生のびっくり倫理観
2006年11月09日 世界の核保有国
2006年11月08日 振り込め被害額 東京は大阪の10倍
2006年11月07日 「朝鮮は中国の属国だった」と韓国の歴史事典に記述
2006年11月04日 徒然なるままにエッSAY! カテゴリー別 325テーマ一覧 
2006年11月01日 毎日新聞の在日記者「朴鐘珠」が天皇陛下を侮辱した記者会見

2006年10月30日 熟年離婚とセックス〔男女1000人調査〕
2006年10月29日 中国人民解放軍によるチベット尼僧(25)や少年僧(15)らの射殺映像
2006年10月24日 世界の主な鉄鋼会社の相関図
2006年10月22日 安倍内閣の「政治任用」ポスト
2006年10月20日 北朝鮮の主な交易状況
2006年10月19日 主な国の喫煙率
2006年10月14日 平成景気 戦後最長へ
2006年10月13日 夫婦ゲンカの頻度は?
2006年10月12日 生活保護100万世帯超 
2006年10月11日 欧州NATO加盟各国はアフガン増派及び腰 
2006年10月10日 75歳以上 10人に1人 〈総務省統計〉
2006年10月08日 ロシア、イラン、ベネズエラの反米「石油枢軸」
2006年10月07日 国際競争力ランキング 日本7位に上昇
2006年10月06日 根深い労使の確執 JAL,JASの統合
2006年10月05日 中国 疾病増加 食の安全警鐘〈内部資料入手〉
2006年10月04日 中国 報道統制強化 
2006年10月03日 安倍内閣の支持率
2006年10月02日 中国人になりたくない中国人
2006年10月01日 自民党3役と首相補佐官

2006年09月30日 安倍内閣の顔ぶれ
2006年09月17日 子供たちの友達関係 意識調査
2006年09月16日 渡嘉敷島 集団自決の真相
2006年09月15日 小学生の校内暴力2000件突破
2006年09月12日 日本とタイの友好の証し『旧日本軍博物館』
2006年09月11日 3大暴力団の勢力 
2006年09月09日 中国遺棄化学兵器問題
2006年09月04日 「アジア7か国世論調査」で東南アジア・インドは対日関係「良い」9割
2006年09月03日 急成長するインド 日本企業の挑戦 シェア争い
2006年09月01日 韓国軍 戦時作戦統制権の移管問題

2006年08月23日 変節する小沢代表の靖国論
2006年08月20日 BRICs(ブリックス)とは
2006年08月19日 戦争責任関係年表
2006年08月17日 昭和の戦争の犠牲者数
2006年08月16日 東アジアの主な空港と拡張計画
2006年08月15日 戦後、靖国神社に参拝した天皇、皇族と首相
2006年08月14日 対中意識調査 読売新聞世論調査
2006年08月08日 日韓共同世論調査
2006年08月07日 在留外国人(韓国・朝鮮)の85%が不法入国
2006年08月05日 和田春樹東京大学名誉教授が韓国で中国と北朝鮮と組んで日本に賠償請求しろと焚き付ける
2006年08月04日 東欧のロマ(ジプシー) 
2006年08月01日 ソ連は満洲で何をしたのか

2006年07月30日 レバノン情勢 ヒズボラの光と闇
2006年07月29日 定番の「チマ・チョゴリ切り裂き事件」の疑惑
2006年07月26日 日本人の平均寿命の推移
2006年07月25日 中国の主な対日宣伝工作機関(要旨)
2006年07月22日 富田メモとA級戦犯合祀をめぐる主な動き
2006年07月21日 「村山談話」と歴代首相の主な発言
2006年07月20日 好太王碑 最古の拓本発見 改ざん論争に終止符
2006年07月17日 日・米・仏・韓中高生の意識調査 人生の目標
2006年07月15日 中国の主な愛国主義教育基地
2006年07月14日 「男は男らしく、女は女らしく」と思う高校生は日本が最下位
2006年07月12日 千鳥が淵戦没者墓苑拡充候補地
2006年07月09日 徒然なるままにエッSAY!のカテゴリー別300テーマ一覧
2006年07月09日 Depot(ディポ)75のテーマ一覧
2006年07月07日 北朝鮮の弾道ミサイル
2006年07月06日 日本の対北朝鮮貿易額
2006年07月05日 世界は愛国心をどう教えるのか
2006年07月02日 占領地で使われた軍票
2006年07月01日 旧軍の各学校卒業生数

2006年06月30日 1世帯あたり平均所得の推移
2006年06月29日 「2009年、中国の攻撃で日中開戦」
2006年06月26日 全国の新聞シェアー率
2006年06月25日 イラク人道復興支援の成果
2006年06月24日 国際捕鯨委員会(IWC)
2006年06月23日 国際緊急援助隊とは
2006年06月21日 必要な睡眠時間の年齢による変化
2006年06月09日 日本韓国北朝鮮の兵力比較
2006年06月04日 日本兵の頭蓋骨をお土産にした米兵

2006年05月30日 日本が韓国に提供した技術
2006年05月28日 玉砕した日本軍の奮闘ぶりを称えたニミッツ提督の詩
2006年05月27日 在日韓国朝鮮人のデータ
2006年05月25日 「支那」呼称不使用の経緯
2006年05月23日 何がストレスで、その解消法は?
2006年05月22日 ドイツ人追放で200万人が死亡
2006年05月20日 旧日本軍兵器引継書
2006年05月17日 中国・韓国に対する国民の意識
2006年05月13日 ロシアの人口構成と増減率
2006年05月09日 金鵄勲章
2006年05月08日 昭和20年10月現在 連合国軍初期進駐図
2006年05月07日 ベトナム戦争における韓国軍の行状
2006年05月06日 朝鮮軍司令部で出した朝鮮兵の注意書き
2006年05月05日 山下将軍降伏の地で朝鮮系日本兵の凶状に耳を疑う
2006年05月04日 人口ピラミッド
2006年05月03日 教育基本法改定の要旨
2006年05月02日 B−29による殺りく 空襲の記録
2006年05月01日 昭和27年血のメーデー 決定的瞬間
2006年05月01日 外地からの引揚・復員一覧と引揚要図

2006年04月30日 千鳥ヶ淵戦没者墓苑納骨一覧表
2006年04月29日 BC級戦犯にされた4830人
2006年04月26日 シベリア捕虜収容所分布図
2006年04月24日 世界を驚嘆させた佐久間艇長の遺言
2006年04月21日 「李承晩ライン」の設定と日本海をめぐる日韓関係
2006年04月20日 渡部昇一に靖国問題で論破された王毅駐日中国大使
2006年04月17日 道州制検討の理由 道州制の区割り
2006年04月12日 米兵とイラク市民の死者数
2006年04月09日 イラク復興支援と主な国のイラク派遣部隊
2006年04月02日 日中友好7団体に対する胡錦濤主席の発言
2006年04月01日 自殺した上海領事館員の遺書

2006年03月28日 総裁後継 自民党議員アンケート
2006年03月27日 中国の軍拡 兵器輸入ダントツの1位
2006年03月25日 ボケたらあかん 松下幸之助
2006年03月23日 日本WBC世界一の記録
2006年03月20日 会津藩の「什(じゅう)の掟」
2006年03月18日 在日韓国・朝鮮人が日本にいる理由
2006年03月13日 典範会議の岩男寿美子教授が虚偽の論文発表
2006年03月07日 「田中上奏文(メモリアル)」に関する資料
2006年03月04日 250テーマ(カテゴリー・月日別)一覧
2006年03月02日 日・米・中・韓高校生の学習意欲調査

2006年02月27日 国連事務総長の後任選び
2006年02月25日 皇位継承制度のこれからのあり方について報告書全文
2006年02月20日 日本が好感度世界一に!
2006年02月07日 北方領土問題
2006年02月03日 「なぜ女性・女系天皇ではいけないのか」

2006年01月29日 秘密文書 中国の「対日政治工作」全文公開
2006年01月19日 中国の公開処刑写真
2006年01月14日 旧宮家3男児の系図
2006年01月13日 「文芸春秋」2月号の寛仁さまご発言要旨

2005年12月31日 拉致犯罪人 辛光洙(シングァンス)の当時の新聞記事
2005年12月31日 拉致犯人 辛光洙(シン・グァンス)関連資料
2005年12月12日 深刻な中国の健康被害
2005年12月10日 私は北ベトナムのゲリラ隊を養成した

2005年11月06日 盾の会 隊長 三島由紀夫の「檄文」

2005年09月29日 陸軍士官学校留学生 地域別 年次別 内訳
2005年09月29日 南方特別留学生205名
2005年09月28日 日本軍政下の教育訓練
2005年09月27日 靖国神社への外国人昇殿参拝者
2005年09月25日 東條由布子さんの石原慎太郎批判のメール
2005年09月19日 日露戦争の主な戦闘
2005年09月19日 日清戦争の作戦図


posted by ディポ at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木漏れ日の里673テーマ一覧

木漏れ日の里673テーマ一覧
http://comorebinosato.seesaa.net/
2005年7月31日から2008年2月10日まで
2008年02月09日 愛おしい小さな命
2008年02月08日 キレル
2008年02月07日 「ちりとてちん」の草若師匠と重なる“Oさん”
2008年02月06日 着膨れのバック・パッカー
2008年02月05日 開き直られたけれど、何か変だな・・・
2008年02月03日 恵方巻と“チベット体操”
2008年02月02日 卆寿の怪人
2008年02月01日 フィーリング

2008年01月31日 母ごころが仇(あだ)に!
2008年01月30日 チェ・フォンマン似のヒト
2008年01月29日 “切ない艶歌”に痺れるオジさんとオバさん
2008年01月27日 相撲界を救った白鵬の優勝
2008年01月25日 3丁目の夕日とワンパク坊主たち
2008年01月24日 大雪と台湾からのお客さま
2008年01月23日 軟らかい筋肉と縦割れの腹筋
2008年01月22日 ダイヤモンド・ダストと鼻の頭
2008年01月21日 ロマンと現実
2008年01月20日 外交辞令と文化の違い
2008年01月19日 勝負師のタレント化
2008年01月18日 鯨と牛の戦争
2008年01月16日 ギャンブル依存症の女性たち
2008年01月14日 真面目と事故
2008年01月12日 なまはげと混浴
2008年01月11日 いまや地球儀も信頼できませんぞ!
2008年01月10日 無表情と“あーはっは”
2008年01月09日 ビビルなJR東日本
2008年01月08日 自らを貶める大和撫子(やまとなでしこ)
2008年01月07日 「3丁目の夕日」北海道ヴァージョン
2008年01月05日 MANGA
2008年01月04日 絵馬って何?
2008年01月02日 初詣
2008年01月01日 お節料理

2007年12月27日 妻へ
2007年12月25日 寒空のアロハシャツ
2007年12月23日 木漏れ日の里638テーマ一覧
2007年12月20日 中国小噺 2題
2007年12月19日 一寸 いい話
2007年12月18日 一種の活字中毒
2007年12月17日 傲慢と優先席
2007年12月15日 上海のコーヒーは3杯で約7万6000円也
2007年12月13日 切歯扼腕の自衛官
2007年12月11日 「世界史の中の満州帝国」という本
2007年12月09日 小学生の演奏能力にビックリ!
2007年12月08日 藤原紀香よ!それはないんじゃないかい それは・・・
2007年12月04日 紳士協定
2007年12月02日 マイナス思考は疲れるねぇ・・・

2007年11月29日 意外な人の意外な話
2007年11月26日 韓国の小噺(こばなし) 「臭い」
2007年11月25日 キム・ヨナも良かったが中野友加里に「天晴れ!」では・・・
2007年11月22日 燦然と輝くグルメの街“東京”
2007年11月21日 平等主義の弊害
2007年11月20日 不快なものに・・・
2007年11月19日 謝罪会見は???
2007年11月15日 落ち葉とミネラルウォーター
2007年11月14日 台湾からのお客様へ
2007年11月13日 母と娘の美しい姿
2007年11月12日 不快な音
2007年11月11日 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
2007年11月09日 一瞬の怯み(ひるみ)
2007年11月08日 冷め切っている北海道
2007年11月06日 黄昏にも春
2007年11月04日 またもやりましたね“小沢さん!!!”
2007年11月02日 花を愛(め)でるものは・・・
2007年11月01日 Y君という男

2007年10月31日 消費期限は???
2007年10月30日 コラ! 何処でメシを食っているんだ!!!
2007年10月29日 腹の立つ宝くじ売り場
2007年10月26日 木漏れ日の里604テーマ一覧
2007年10月25日 誇らしげな少年
2007年10月24日 ながばなしは無駄話
2007年10月22日 辛うじて松坂 ワールドシリーズへ!!!
2007年10月21日 ファンの気持ち
2007年10月19日 早足で歩く人たち
2007年10月18日 日ハム 試合直前の応援歌(戯れ歌)
2007年10月18日 “シンジテマシター!!!”
2007年10月17日 黄昏と黄葉
2007年10月16日 ♪ア〜ア〜アッ♪ 驚いた!!!
2007年10月14日 セ・パではこんなに違うの???
2007年10月13日 国歌吹奏と●●親子 
2007年10月12日 “ナマラ・・・だよなぁ”
2007年10月11日 みたらしダンゴとオカキ風の駄菓子
2007年10月10日 年賀状とコピー機
2007年10月08日 今日(10月8日)は何の日???
2007年10月07日 「延命水洗い地蔵尊」お参りの巻
2007年10月05日 ながら族に鉄槌を!
2007年10月04日 年賀状の準備には・・・
2007年10月03日 ロリコンおやじと確信犯
2007年10月01日 オタク顔と男の顔

2007年09月30日 和装美人と隣のギャップ
2007年09月23日 ペッペッ???
2007年09月20日 紳士とアイスクリーム
2007年09月19日 イライラ爺ちゃん
2007年09月18日 政治家と政治屋の違い
2007年09月16日 体内時計は6時30分
2007年09月14日 何だか決まらなかった久しぶりの温泉
2007年09月10日 仇討ち
2007年09月09日 ワッハッハオジサンの再来か?
2007年09月07日 おしゃべり女と急発進
2007年09月06日 五月蠅い(うるさい)!
2007年09月05日 ウエストの話
2007年09月03日 “おイヌさま”
2007年09月02日 ドキッ・・・

2007年08月30日 安くて新鮮な“さくらんぼ”???
2007年08月29日 何となくイライラ・・・
2007年08月26日 お駄賃(だちん)
2007年08月24日 庭の手入れは大事ですぞ お父さん!
2007年08月20日 再び頑張れOさん!
2007年08月19日 グリンが可哀想!
2007年08月18日 何て腹立たしい1日なのだろう!
2007年08月17日 “なんて気持ちが良いんだろう!”
2007年08月15日 3ヶ月から半年が我慢のシドコロ
2007年08月14日 ロボコップと保冷剤
2007年08月13日 番外編3 演技派爺ちゃん???
2007年08月12日 番外編2 電話番の爺ちゃん
2007年08月11日 番外編1 慈母観音
2007年08月10日 養生記(その6)へっぴり腰で“ギブアップ!”
2007年08月09日 養生記(その5.2)お年寄りの効用
2007年08月08日 養生記(その5.1)皆んなイイ奴のはずが・・・
2007年08月07日 養生記(その4)「後悔」と「爽快」
2007年08月06日 養生記(その3)大・小
2007年08月05日 養生記(その2)カタマル
2007年08月04日 養生記(その1) マナイタの何とか

2007年07月08日 19年7月8日現在の兄弟ブログ総数 1130テーマ
2007年07月07日 木漏れ日の里 548テーマ一覧
2007年07月04日 しょうがない大臣
2007年07月03日 楽天の8名はないだろう!
2007年07月02日 人種の坩堝(メルティング・ポッド)
2007年07月01日 爺ちゃん おさえて オサエテ!

2007年06月29日 「蒙古」はモンゴルへ
2007年06月28日 疑惑のコロッケ
2007年06月27日 他人(ひと)の振り見て、わが振り・・・
2007年06月26日 背筋がゾーとした話
2007年06月25日 またマスコミの逸材つぶしが始まった
2007年06月23日 男の顔はつくられる
2007年06月21日 明るく、さわやかに、古館さん!
2007年06月20日 ばあちゃん逝く(行く)のは まだ♪まだ♪
2007年06月19日 はっきりしろ!
2007年06月18日 非を認めない人たち
2007年06月17日 日本人の完全主義と軍用車のWAX
2007年06月12日 また やってしまった!
2007年06月11日 たった一杯のビール
2007年06月10日 迷惑なナガバナシ
2007年06月09日 一瞬にして沈黙
2007年06月08日 現代の「カブキもの達」と「出雲阿国」
2007年06月07日 モーニングコールの洗礼
2007年06月06日 オーイ、一体全体どうしたんだ!
2007年06月05日 怪しい奴
2007年06月04日 快適そうな民間経営の刑務所
2007年06月03日 女々しくなったオヤジたち
2007年06月01日 カメラに夢中な・・・

2007年05月31日 鼻毛と名将
2007年05月30日 幸せってなんだぁ!
2007年05月29日 日本的美人とは・・・
2007年05月28日 スジを通す人???
2007年05月27日 日本ダービー 馬の世界も女性上位
2007年05月26日 白鵬の横綱昇進????
2007年05月25日 席を空けろ!
2007年05月23日 ガッツにブーイング
2007年05月22日 中国の新幹線は泥棒が乗客
2007年05月21日 太郎と花子の話
2007年05月20日 特攻隊映画「俺は君のためにこそ・・・」
2007年05月19日 最悪の列車
2007年05月18日 警察官の生命よりも覚せい剤のキチガイ男が大切か!
2007年05月17日 アレー! 青テントは・・・
2007年05月15日 光電話がダウン
2007年05月14日 席を換わりましょう
2007年05月13日 おのぼりさん
2007年05月10日 今日で「木漏れ日の里」も504本目
2007年05月09日 獅子奮迅のガンちゃん
2007年05月08日 30センチの隙間に・・・
2007年05月07日 男女平等
2007年05月05日 コラッ 場所をわきまえろ!
2007年05月04日 こんなことがまかり通る国
2007年05月03日 パスポート
2007年05月02日 特待制度   結構じゃないですか!!!
2007年05月01日 格差社会なんて???

2007年04月30日 傲慢(ゴウマン)
2007年04月29日 オバちゃんと男風呂
2007年04月28日 馴染めないファッション
2007年04月27日 ダルよ アンタは偉い!
2007年04月26日 悪口女の世界
2007年04月25日 ネットカフェ難民
2007年04月24日 闘いを忘れた日本の男たち
2007年04月23日 徒然なるままに韓流
2007年04月22日 胃が痛い!
2007年04月21日 弔い選挙
2007年04月20日 テレビ局は犯人の味方
2007年04月19日 3つのキと語学の感
2007年04月18日 気ままな稼業の自由人
2007年04月17日 怪しくて不注意な男
2007年04月16日 お父さんとティッシュペーパー
2007年04月15日 ようやく我が家が平穏に!
2007年04月13日 箸とフォークはどちらが文明的か?
2007年04月12日 オールドボーイの気持ち
2007年04月11日 固まる若い娘とおせっかいオジさん
2007年04月10日 若さと気持ちの張り
2007年04月09日 韓国のばあちゃん達に平穏な日々を!
2007年04月08日 谷亮子の代表はオカシカナイかい
2007年04月07日 立小便は男の矜持
2007年04月06日 アッ タイゾウだ! タイゾウだ!
2007年04月05日 迷惑な土下座
2007年04月04日 北海道日本ハム・フガイナイターズ
2007年04月03日 何か変だな!
2007年04月02日 ごめんね!かぶりものの3人娘さん
2007年04月01日 そうだったのか!!!

2007年03月20日 今日はBlogUp 1000本達成の日
2007年03月19日 コリャ 駄目だ!
2007年03月15日 期待はずれの「蒼き狼」
2007年02月14日 エッ オミズじゃないの???
2007年03月13日 危うく五徳
2007年03月12日 後ろを向くのはヤメロ!
2007年03月11日 お国柄
2007年03月10日 ばあさんの方が良い!
2007年03月08日 同業者ですか?
2007年03月07日 私が!、いいえ私が!
2007年03月06日オイオイそれは止めたほうが・・・
2007年03月05日 お前は誰だ!

2007年02月25日 急がば回れ!
2007年02月23日 ジョンブル魂の国
2007年02月21日 コメンテーター
2007年02月20日 本当の意味でいう恩師とは
2007年02月19日 ガンバル人
2007年02月18日 ワン・コインの楽しみ
2007年02月17日 ビョンセを食ったジェニファー
2007年02月16日 お見事!
2007年02月15日 ブッ飛ぶ
2007年02月14日 エッ オミズじゃないの???
2007年02月12日 李香蘭
2007年02月11日それはマナー違反じゃないのか!
2007年02月10日 ムセル
2007年02月09日 ソ〜ラ 見たことか!
2007年02月08日 Cの喜びはJの不幸
2007年02月07日 領土と日本の矜持(きょうじ)
2007年02月06日 暖冬異変
2007年02月05日 宝の山
2007年02月04日 うんざりだね〜ぇ
2007年02月03日 恵方巻
2007年02月02日 ダボハゼのごとく
2007年02月01日 オイオイ どこで話し込んでいるんだ!

2007年01月31日 無言の圧力
2007年01月30日 際立つ集中力は・・・
2007年01月29日 くだらない疑問
2007年01月28日 物書きのいやらしさ
2007年01月27日 ジーンと来た「幸せのちから」
2007年01月26日 Wさんからの便り
2007年01月25日 卑怯もの! 恥を知れ!
2007年01月24日 ゲイと軍人
2007年01月23日 パネルバンの恐怖
2007年01月22日 プラス思考か、マイナス思考
2007年01月21日 厄払い
2007年01月20日 ソフィア・ローレンの意外性
2007年01月19日 おい小僧!
2007年01月18日 集合時間
2007年01月17日 牛刀と出刃
2007年01月16日 いくつになっても
2007年01月15日 ただマッシグラのヒト
2007年01月14日 隠れ富士
2007年01月13日 自分だけの世界
2007年01月12日 探りあい
2007年01月11日 凛々しい武将だね〜ぇ
2007年01月10日 あいづちを打つ ウンウン 
2007年01月09日 言い逃れ
2007年01月06日 高機能と低レベル
2007年01月05日 お間抜けな話
2007年01月04日 仕事始め
2007年01月03日 カンベンしてよ!
2007年01月02日 くすぐったいけれど・・・
2007年01月01日 おめでとうございます

2006年12月31日 お金と年越しそば
2006年12月30日 女の役割、男の役割
2006年12月29日 兄弟ブログ 900テーマ一覧
2006年12月28日 ♪ほのぼの・・・♪
2006年12月27日 トルコとサンタクロース
2006年12月26日 顔が見えないネット社会
2006年12月25日 見舞い客の一言
2006年12月24日 イヴには新雪が似合う
2006年12月23日 年賀状
2006年12月22日 ミスマッチ・・・?
2006年12月21日 熱い心
2006年12月20日 くわえタバコ
2006年12月19日 妙(たえ)なる音色
2006年12月18日 手ぐらい洗え!
2006年12月17日 傷だらけのカップボード
2006年12月16日 兵の生きざま
2006年12月15日 アメリカンドリーム
2006年12月14日 頑張れ Oさん!
2006年12月13日 何とかしてよ!
2006年12月12日 医者いらず
2006年12月11日 誰の責任?
2006年12月10日 吹雪とバアちゃんの愛
2006年12月09日 携帯電話と気合
2006年12月08日 イメージの固定化
2006年12月07日 コタツとストーブとセントラル・ヒーティング
2006年12月06日 さんざんでした
2006年12月05日これでドウダイ(道大)?
2006年12月04日 今昔物語
2006年12月03日 いよいよやって来ました!
2006年12月02日 もう少し濃いほうが・・・
2006年12月01日 “患者様”と呼ばれるのはドーモ・・・

2006年11月30日 市民権を得た恥ずかしいこと
2006年11月29日 オットトット
2006年11月28日 発想の違い
2006年11月27日 お怒りはごもっとも! ですが・・・
2006年11月25日 豹変
2006年11月23日 言葉に出しても駄目なの?
2006年11月22日 嘆き悲しむ北海道
2006年11月20日 敵ながら天晴れ!
2006年11月19日 英雄たちの虚しさ
2006年11月18日 小雪のち晴れ、そして紙吹雪
2006年11月17日 そりゃ〜 あんまりだあ!!!
2006年11月16日 虚しいなあ!
2006年11月15日 「枯れる」と「稚気」
2006年11月14日 優先席を早いもの順という若(ばか)者たち
2006年11月13日 人生最高の瞬間 小笠原道大
2006年11月12日 こんな自分がシンジラレナ〜イ!
2006年11月11日 年寄りの心理
2006年11月10日 お調子者に告ぐ!
2006年11月07日 何か イヤらしいなあ! 池坊さん
2006年11月06日 プロとファンの気持ち
2006年11月03日 後始末は・・・
2006年11月01日 あとで!

2006年10月31日 手加減を知る!
2006年10月30日 それはないだろうよ!
2006年10月29日 ノーベル賞受賞会場
2006年10月27日 “漢(おとこ)谷繁!”
2006年10月26日 シンジラレナ〜イ!
2006年10月24日 小笠原の二塁打にはシビレたね!
2006年10月23日 不信感いっぱいのサンマ丼
2006年10月22日 タオルの使い方
2006年10月20日 ソコ退け、ソコ退け電車が通る
2006年10月18日 やあ! どうもお久しぶりです!
2006年10月15日 角あるときの服装
2006年10月14日 新車、中古車、廃車・・・ズドーン
2006年10月13日 余韻に浸る
2006年10月12日 勝っちゃったよ!
2006年10月10日 あのスチュワーデスは今いずこ
2006年10月09日 迷惑なサポーター
2006年10月08日 X2000のコーヒー
2006年10月07日 そりゃー高いんじゃないの・・・
2006年10月06日 オフのスチュワーデス
2006年10月05日 それが本当に居心地が良いと言えるの?
2006年10月04日 ツアー色々
2006年10月03日 ヨッパライとブロークン・イングリッシュ
2006年10月02日 生理的にどうも・・・
2006年10月01日 エネルギッシュな隣国の人たち
2006年09月30日 嫌なものを見てしまった
2006年09月18日 破壊と恵み
2006年09月16日 お茶代わりにどうぞ!
2006年09月15日 ついつい・・・
2006年09月14日 もう一人の絵になる男
2006年09月13日 絵になる男
2006年09月11日 最高の微笑み
2006年09月08日 別れ
2006年09月07日 待ちに待った親王様
2006年09月04日 ハナチン男
2006年09月03日 意地の張り合い
2006年09月01日 ハンカチと日本人のDNA

2006年08月31日 虹とゲイ
2006年08月30日 優先席
2006年08月25日 規則は規則です!
2006年08月24日 夏風邪
2006年08月23日 生真面目さと渋滞
2006年08月21日 気迫でもぎ取った優勝旗
2006年08月20日 まさに死闘
2006年08月19日 取り締まり
2006年08月18日 この罰当たりめ!
2006年08月17日 お客様は神様・・・かな???
2006年08月16日 少年と知らないオジさん
2006年08月15日 何故なんだろう
2006年08月10日 店員のしつけ
2006年08月09日 オシムなく走って初勝利
2006年08月08日 キーワードは傲慢(ゴーマン)
2006年08月07日 大の苦しみ 小の苦しみ
2006年08月06日 時代遅れと貫禄の違い
2006年08月05日 世話役と世話焼き
2006年08月04日 一件落着
2006年08月03日 亀田とシナリオ
2006年08月02日 縦罫線、横罫線とオシャレ願望
2006年08月01日 ゴメンナサイと○○頭

2006年07月31日 食べる
2006年07月30日 親爺ギャルと気負いのない男たち
2006年07月29日 ほどほどに・・・
2006年07月28日 ピンコとピーコ
2006年07月27日 デカけりゃ良いってもんじゃねぇ ヤイ!
2006年07月26日 携帯操作とニ正面作戦
2006年07月25日 地べたリアン
2006年07月24日 良識ある人に・・・
2006年07月23日 残念だったね 白鵬!
2006年07月22日 親と同居したがる男たち
2006年07月21日 締りのない群れとファッション
2006年07月20日 恥ずかしい話
2006年07月19日 判断力
2006年07月18日 思いやりと豊かさ
2006年07月17日 草むしりと60円の袋
2006年07月16日 日本の花火
2006年07月15日 迷惑な頭突き
2006年07月14日 たしなみと国際親善
2006年07月13日 ニイチャンやるねぇ!
2006年07月12日 いただきます!
2006年07月11日 婦人と女性
2006年07月10日 おもてなし
2006年07月09日 いつの間にか
2006年07月08日 恐れ入りました!
2006年07月07日 ガンバレ! さきえさん
2006年07月06日 希少価値
2006年07月05日 トラブルメーカー
2006年07月04日 頑張っているヒト
2006年07月03日 変身願望とヒゲ
2006年07月02日 思い込み
2006年07月01日 マイペースのヒト

2006年06月30日 背広とバックパック
2006年06月29日 アレッ 何で嬉しそうな顔をしているの?
2006年06月28日 ルルルー ルルルー 
2006年06月26日 嗅ぎ分ける
2006年06月25日 ジーコに礼を尽くしたブラジル
2006年06月24日 W杯の話はしたくない!
2006年06月23日 W杯も終わっちゃいましたね〜ぇ!
2006年06月21日 価値観の共有
2006年06月19日 運を使い果たしたか高原・柳沢
2006年06月18日 こんな時にクールビズとは・・・
2006年06月17日 自分に御褒美とは・・・
2006年06月16日 宇宙人と話しているような気分
2006年06月15日 ヨソ様の事ながら・・・
2006年06月14日 W杯サッカーを楽しもう!
2006年06月13日 それはないだろう(W杯第2弾)
2006年06月12日 虚しい!!(W杯第1弾)
2006年06月11日 一年間の成長
2006年06月10日 タガの外れたオヤジたち
2006年06月09日 カブク人々
2006年06月07日 壊れているのは・・・
2006年06月06日 過ぎたるは・・・
2006年06月05日 縦割れの腹筋
2006年06月04日 ストレス
2006年06月03日 感動の話も興ざめ
2006年06月02日 爺ちゃんと孫
2006年06月01日 間抜けと無防備

2006年05月31日 珍しく痺れたゴーーール!
2006年05月30日 恩師の指導
2006年05月29日 ヨイショとガックリ
2006年05月28日 濃い霧という!
2006年05月27日 大人になるとは
2006年05月25日 悪戯ごころ
2006年05月24日 ゴチャゴチャがお好き
2006年05月23日 パソコン・アレルギーの人
2006年05月22日 タバコ飲みのオキテ
2006年05月21日 思い込み
2006年05月20日 メール輪ing
2006年05月19日 韓流未だ衰えず
2006年05月18日 特別な日
2006年05月17日 獲物を狙う目つき
2006年05月16日 看護婦さぁ〜んと看護師さん
2006年05月15日 モチベーション
2006年05月14日 じい様の気概と若者の爽やかさ
2006年05月13日 初体験
2006年05月10日 LL→LL
2006年05月09日 勲章
2006年05月08日 ブルーマンデーちゅうトコヤ!
2006年05月07日 品が悪すぎる亀田親子
2006年05月06日 躑躅(つつじ)
2006年05月05日 連休間のトレーニング・ジム
2006年05月04日 爺ちゃんのバンフライ
2006年05月03日 少年Aとオジさん
2006年05月02日 ゼイタクを言うな!
2006年05月01日 平等と安全な社会日本

2006年04月30日 女の横暴
2006年04月29日 鯉のぼりの旗なの???
2006年04月28日 今日は真面目に考える日
2006年04月26日 闘う女たち
2006年04月25日 刺青、刺青もどき
2006年04月24日 恥も外聞も
2006年04月23日 夢を実現させた男がいる
2006年04月21日 男の顔
2006年04月20日 覚悟はありますか?
2006年04月19日 発想の転換
2006年04月18日 花の中高年ライダー
2006年04月17日 冬囲いを外す
2006年04月16日 豊かだった江戸時代
2006年04月14日 ○○チンコには手を添えて!
2006年04月13日 じい様になる前にひと花を!
2006年04月12日 母は強し!
2006年04月11日 そんな歌は聴きたくない
2006年04月08日 仲間
2006年04月07日 オッとヤバイ!
2006年04月05日 アイデンティティー
2006年04月03日 ユーモアのセンス
2006年04月02日 しょうがない奴だな!

2006年03月31日 Blogの総括
2006年03月30日 伝統の継承って何だろう
2006年03月29日 対角線上のヒト
2006年03月27日 シンクロ
2006年03月26日 フィギュアの採点は???
2006年03月24日 異様な管理社会
2006年03月23日 松井をどう評価するか
2006年03月22日 潔くない人々
2006年03月21日 やったね! 王JAPAN世界一 
2006年03月20日 春の嵐ふたたび
2006年03月19日 やれば出来るんじゃない 王JAPAN
2006年03月18日 光源氏さま〜ぁ
2006年03月17日 何故か素直に喜べない
2006年03月16日 歩く、食べる、飲む
2006年03月15日 この芸術性の高さは何なのか!
2006年03月14日 王JAPAN むなしいね
2006年03月13日 寝たフリ 死んだフリ
2006年03月12日 おしゃべり
2006年03月11日 汚い本ではあるけれど・・・
2006年03月08日 春の雪は・・・
2006年03月05日 それはないだろう!
2006年03月04日 駒苫、選抜出場を辞退
2006年03月02日 モチベーション
2006年03月01日 やっぱり降った春の雪

2006年02月28日 振り込め詐欺が成り立つ国
2006年02月27日 母は強し
2006年02月26日 春の嵐
2006年02月25日 騒ぎすぎ日本
2006年02月24日 金メダルに救われた日本
2006年02月23日 オトシイレル!
2006年02月22日 4回転とミキティ
2006年02月21日 ガセネタ
2006年02月20日 興奮状態
2006年02月19日 内なる反目のシーズンの終わり
2006年02月18日 “もう駄目だ!”とは云えない
2006年02月16日 キレル
2006年02月15日 捕虜の手のひら
2006年02月14日 チョコレート
2006年02月13日 男尊女卑
2006年02月12日 くっさ〜あ
2006年02月10日 へ〜んしん!
2006年02月09日 好奇心旺盛なのは・・・
2006年02月08日 カエルのツラに何とか・・・
2006年02月07日 おめでとう! ありがとう!
2006年02月05日 周りの空気

2006年01月30日 デジカメの功罪
2006年01月29日 ありがとう
2006年01月28日 さあ どうする
2006年01月27日 マーキング
2006年01月26日 大あくびと恥じらい
2006年01月25日 雪下ろし
2006年01月24日 強迫観念
2006年01月23日 甘く見たツケ
2006年01月22日 大関・栃東と関脇・白鵬
2006年01月21日 仲間たち
2006年01月20日 品格
2006年01月19日 雪庇(せっぴ)と排気口
2006年01月18日 吹雪
2006年01月17日 クサイ芝居
2006年01月16日 踊る
2006年01月15日 雪の回廊
2006年01月14日タトゥー
2006年01月13日 あ〜勘違い
2006年01月12日 雪道の通勤
2006年01月11日 新年会
2006年01月10日 成人式
2006年01月09日 帳尻合わせ
2006年01月08日 一勝一敗一分け
2006年01月07日 亀田兄弟
2006年01月06日 武士道の美徳
2006年01月05日 バイリンガルの危険
2006年01月04日 初泳ぎと子豚
2006年01月03日 大学駅伝
2006年01月02日 年賀状
2006年01月01日 初詣で

2005年12月31日 大晦日
2005年12月30日 お餅つき
2005年12月29日 お手伝い
2005年12月28日 英会話講師の勘違い
2005年12月27日 先ずは日本の常識を!
2005年12月26日 郷愁
2005年12月25日 胸騒ぎ
2005年12月24日 やられた!
2005年12月23日 悲哀
2005年12月22日 遅れてきた手紙
2005年12月21日 長いまつげ
2005年12月20日 「チャングム」何か変だな!
2005年12月19日 それはウチのお父さんです!
2005年12月18日 完敗
2005年12月17日 雪かき
2005年12月16日 ブラックアイス
2005年12月15日 「北の国から」
2005年12月14日 大丈夫か?
2005年12月13日 おー 寒い
2005年12月12日 初体験
2005年12月11日 食わず嫌いと食文化
2005年12月10日 たった今言ったばかりでしょ!
2005年12月09日 初々しさ
2005年12月08日 オーット ビックリした
2005年12月07日 プルプルプルプル〜プ〜ウ
2005年12月06日 面食い
2005年12月05日 恥じらい
2005年12月04日 コミック本
2005年12月03日 人情
2005年12月02日 ホッとした話
2005年12月01日 失ったもの

2005年11月30日 ありがとう!
2005年11月29日 良い旅を!
2005年11月28日 ハト料理
2005年11月27日 習性
2005年11月26日 おでこの紋章
2005年11月25日 コーラン
2005年11月24日 壁の高さ
2005年11月23日 モーニング・コール
2005年11月22日 マイペース
2005年11月21日 並ぶ
2005年11月06日 タイヤ交換
2005年11月05日 冬囲い
2005年11月04日 相乗り
2005年11月03日 旗日
2005年11月02日 男女同権
2005年11月01日 立ち読み

2005年10月31日 持ち歌
2005年10月30日 カラオケ
2005年10月28日 ついつい
2005年10月26日 凄まじきもの
2005年10月24日 大笑い
2005年10月22日 カメラ写り
2005年10月21日 パン
2005年10月19日 孫
2005年10月17日 言い逃れ
2005年10月16日 若作り
2005年10月14日 一途
2005年10月12日 匂い
2005年10月11日 帽子
2005年10月10日 手を洗う
2005年10月09日 型の美しさ
2005年10月08日 感動
2005年10月07日 くわえタバコ
2005年10月06日 なんとなく後ろめたいこと
2005年10月04日 密室の故意
2005年10月03日 ヒトは見かけに・・・
2005年10月02日 落下傘
2005年10月01日 女の時代、男の時代

2005年09月30日 ナルシスト
2005年09月29日 人参
2005年09月28日 中毒
2005年09月26日 文化の違い
2005年09月24日 闘う
2005年09月23日 優先席
2005年09月22日 こんにちは!
2005年09月21日 猫背
2005年09月20日 周りの目
2005年09月18日 みんな勝ち組
2005年09月17日 タイムスリップ
2005年09月16日 ただのヒト
2005年09月13日 ラインダンスとサーキット
2005年09月12日 リキむ
2005年09月09日 意固地
2005年09月07日 白衣高血圧症
2005年09月03日 清潔感

2005年08月31日 迷い
2005年08月28日 忍・忍
2005年08月27日 カメラ目線
2005年08月25日 親爺のゲンコツ
2005年08月22日 気配り気配り 
2005年08月18日 水泳
2005年08月15日 黙祷
2005年08月13日 バーベキュー
2005年08月12日 サポーター
2005年08月11日 ビアーガーデン
2005年08月10日 食べる美学
2005年08月09日 謙虚さと強引さ
2005年08月08日 一滴の水
2005年08月07日 水・・・みず・・・ミズ・・・
2005年08月06日 没我の境地
2005年08月05日 仲良し家族と二人の世界
2005年08月04日 嫌いだった作文
2005年08月03日 叱ると怒る
2005年08月02日 優しさって・・・
2005年08月01日 親切にも・・・

2005年07月31日 床屋さん
2005年07月30日 クレージー・アバウト 本

posted by ディポ at 19:26| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徒然なるままにエッSAY! 370テーマ(カテゴリー別)一覧

徒然なるままにエッSAY!の370テーマ(カテゴリー別)一覧 
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/
国内外情勢、近現代史、国のあり方を考える
17.3.30〜20.2.10

● スポーツ(3)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_50011360.html
2007年10月10日 ◎野生味と限界を知るということ
2007年02月01日 ◎冬季アジア大会の特別ルールは競技の神聖さを冒とくするもの
2006年10月14日 ◎日本ハム優勝は、北海道民に明るい話題と活力の燈を与えた 

● 皇室(12)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_1366715.html
2007年01月05日 ◎品性下劣な左翼人士
2006年11月01日 ◎毎日新聞の朴鐘珠記者「在日朝鮮人」が天皇陛下を侮辱
2006年10月07日 ◎日本の皇位継承と欧州王家のDNA
2006年09月10日 ◎次世代の皇統を継承するには
2006年03月14日 ◎2600年の伝統は民主主義に馴染まなくて当たり前
2006年02月25日 ◎女性・女系天皇「容認」2年前に方針が出ていた 政府極秘文書で判明
2006年02月11日 ◎欧州王室と日本の皇室
2006年02月07日 ◎秋篠宮妃紀子さま御懐妊の報に接し、思わず叫ぶバンザイの声
2006年01月24日 ◎日本の成り立ちを考える
2005年12月07日 ◎◎皇位継承の長子優先は天皇制の消滅に繋がる 
2005年10月09日 ◎女性天皇容認は125代に亘るわが国の皇位継承の伝統にそぐわない
2005年06月16日 ◎天皇陛下を韓国人または百済系だと主張する韓国人と在日

● 日本の歴史と伝統(40)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_951941.html
2007年12月04日 ◎国民性の違いか「騙されるほうが悪い!」と韓国
2007年12月02日 ◎天皇は「権威者」であって「権力者」ではない
2007年11月08日 ◎婚外子に対する親の義務と責任
2007年05月03日 ◎究極の選択としての「国籍の取得」
2007年04月26日 ◎秀吉のバテレン追放令の真因の一つに、日本人奴隷の売買があった
2007年04月16日 ◎定番「暗い青春時代」は本当か???
2007年02月07日 ◎「子供を2人以上持つこと=健全」で、いったい何が問題なのか???
2006年11月09日 ◎「闘う」同和と「和」のアイヌ民族
2006年07月31日 ◎この国とわが国
2006年07月04日 ◎日本人の美学は武士道精神から
2006年06月18日 ◎“蕎麦(そば)を音を立てて美味しそうに食べる”のは熊さん、八ッつあんの世界
2006年06月02日 ◎民間人に駐車監視員の強権をもたせるのは筋違い
2006年05月03日 ◎日本国憲法の成立過程に立ち返る
2006年05月02日 ◎団塊の世代と無責任世代
2006年04月27日 ◎韓国起源論を刷り込まれる韓流おば様たち
2006年04月19日 ◎盗まないという美徳
2006年04月16日 ◎古代史は朝鮮史観から脱却を!
2006年01月06日 ◎「国家の品格」の祖国愛
2006年01月01日 ◎お正月行事のいわれ
2005年12月03日 ◎ヒトの心の温かさに涙
2005年11月21日 ◎心づけとチップ考
2005年10月25日 ◎健全な愛国心は祖国愛をベースにした国益追求のバランス
2005年10月13日 ◎日の丸は日本とパラオとバングラデシュを結ぶ固い絆
2005年10月12日 ◎三日月に「われに七難八苦を与えたまえ!」と祈った山中鹿之介の子孫が三菱UFJに!
2005年10月11日 ◎中国文明の悪弊を取り入れた韓国・朝鮮、取り入れなかった日本
2005年10月02日 ◎文・武のうねりで時代を読む
2005年08月31日 ◎江戸庶民の誇るべき文明
2005年08月19日 ◎米誌タイムで「中韓の発展は日本に感謝を」と評価
2005年07月25日 ◎戦争画(サイパン島玉砕の日)藤田嗣治
2005年07月18日 ◎かって「ヘラルド・トリビューン紙」に″サイパンのジャンヌ・ダルク″と報道された特志看護婦がいた
2005年07月09日 ◎「抗日戦争勝利六十周年記念行事」ってなんか変だな!
2005年06月12日 ◎百科事典(権威あると思われるもの)には眉に唾つけて!
2005年06月02日 ◎日本と朝鮮半島の関係を知るための教材「ホタル」
2005年05月26日 ◎時間の正確性こそ日本の誇り!
2005年05月22日 ◎鳴り物入りで発行された、あの二千円札はいずこに!
2005年04月28日 ◎4月28日は何の日ですか
2005年04月27日 ◎政治的押し付けではなく真実を知ることの大切さ
2005年04月20日 ◎世界に誇れる精神文化『武士道精神』と軍隊の役割
2005年04月18日 ◎いま中国・韓国で「日の丸」が焼かれ、汚れた靴で踏みつけられています
2005年04月17日 ◎剣道の起源は韓国だと・・・なんだそりゃ!

● 韓国・北朝鮮(45)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_951912.html
2008年01月09日 ◎これが韓国・朝鮮流の人事腐敗の構造体質
2007年08月15日 ◎小沢一郎に韓国寄りの発言が多い一因
2007年05月05日 ◎何処までも執念深い反日国家「韓国」
2007年05月03日 ◎究極の選択としての「国籍の取得」
2007年04月10日 ◎傍若無人な韓国人に荒らされている国境の島「対馬」の危機
2007年01月28日 ◎「ヤクザと在日」
2006年11月04日 ◎統一教会と日本人妻
2006年08月31日 ◎右翼と暴力団と在日韓国・朝鮮人(その2 在日右翼と暴力団)
2006年08月30日 ◎右翼と暴力団と在日韓国・朝鮮人(その1 在日企業家たちと裏社会)
2006年07月12日 ◎ミサイル7発で72億円は高いか安いか
2006年07月01日 ◎日本を仮想敵国視する盧韓国大統領
2006年06月29日 ◎誘拐犯に「返してください」とお願いする拉致被害者家族
2006年05月18日 ◎“民団と総連の和解は日本のためになるか”監視が必要!
2006年04月23日 ◎韓国人の愛国心と朝鮮人としてのDNA
2006年04月21日 ◎韓国の理不尽な侵略行為(竹島の不法占領)を世界に知らしめよう!
2006年04月13日 ◎日米の友情をあらわすワシントンの桜にもケチをつける韓国
2006年03月26日 ◎どうにも腹の虫が収まらない
2006年03月23日 ◎韓国よ! 貴国は日本に完敗したことを認めなさい!
2006年02月23日 ◎竹島問題の解決に水を差す小泉首相の弱腰外交
2006年01月05日 ◎「チャングムの誓い」からめぐみさんの拉致の要領が見えてくる
2005年12月31日 ◎忸怩たるモノがある管直人と土井たか子の裏切り行為
2005年12月22日 ◎韓国科学界のホープ黄(ファン)教授いまや疑惑の人に!
2005年12月15日 ◎北に取り込まれた韓国 狂った価値観
2005年12月13日 ◎ベトナム戦争での韓国の特需 総決算
2005年10月28日 ◎法廷で偽証(ウソ)することに罪の意識のない韓国人と偽証は許されない行為と認識する日本人
2005年10月24日 ◎はたして韓国は中国の属国状態から逃れることができるのか ???
2005年09月11日 ◎つじつまの合わない韓国の『親日派』糾弾
2005年09月07日 ◎共産主義の防波堤としての朝鮮半島と韓国人の意識
2005年08月27日 ◎恥知らずなノ・ムヒョン韓国
2005年08月17日 ◎許せない韓国兵の裏切り 韓国兵には韓国を代表してイラクに来ているという自覚がない
2005年08月04日 ◎朝鮮系日本軍人・軍属への疑い
2005年08月03日 ◎中国・韓国名と在日の「通名」の意味
2005年08月01日 ◎韓国よ!「日本海」を「東海」と偽称するのは終わりにしろ!
2005年07月28日 ◎金日成の革命経歴も建軍記念日もウソと判明
2005年07月22日 ◎「チャングムの誓い」と李朝520年の身分制度
2005年07月21日 ◎李王朝 血統途絶える
2005年07月14日 ◎駅前の一等地の地主、ヤクザ、パチンコ屋になぜ在日が多いのか
2005年07月13日 ◎ウソと知っていながら反日のキメ台詞は「在日は強制連行された!」
2005年06月18日 ◎日本の名曲は朝鮮の名曲 日本人が歌わなくなった軍歌は北朝鮮革命歌に!
2005年05月10日 ◎韓国とは腹を据えて戦う姿勢がお互いの利益になる
2005年04月07日 ◎ウンコだらけの道路と茶色く濁った井戸の首都ソウル
2005年04月06日 ◎日本軍の兵隊になりたかった朝鮮人
2005年04月05日 ◎歴史の偽造を正当化する韓国
2005年04月01日 ◎韓国メディアのヒステリックな反日の根源
2005年03月31日 ◎今も昔も韓国人は・・・

● 朝鮮総督府(1)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_50001483.html
2005年09月03日 ◎埋もれていたハングルを広めたのは日本

● 永住外国人地方参政権(4)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_1500985.html
2008年01月27日 ◎日本国の土台を揺るがしかねない“外国人地方選挙権付与”(その1)
2008年01月27日 ◎日本国の土台を揺るがしかねない“外国人地方選挙権付与”(その2)
2005年10月06日 ◎公明党の「永住外国人法案」提出は日本国家の土台を揺るがす行為
2005年08月12日 ◎日本の主権行為でもある参政権を在日に譲り渡して、国家を解体するつもりか!

● 慰安婦問題(5)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_1169040.html
2007年03月12日 ◎慰安婦・慰安所と各国の軍隊
2005年05月21日 ◎軍隊と性管理(その4)韓国駐留米軍と湾岸戦争
2005年05月14日 ◎軍隊と性管理(その3)外国は如何にしたか
2005年05月13日 ◎軍隊と性管理(その2)衛生管理と国別の女性たち 
2005年05月12日 ◎軍隊と性管理(その1)慰安所の必要性

● 中国(35)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_951913.html
2007年11月20日 ◎漢民族によるウイグル人の強圧的支配
2007年06月10日 ◎何でもありの中国(衛生観念ゼロ)
2006年10月29日 ◎無抵抗のチベット尼僧や少年僧を撃ち殺す中国の蛮行
2006年07月20日 ◎チベット同化政策の大動脈「青蔵鉄道」の完成が意味するところ
2006年05月27日 ◎今や世界中にアメーバーのごとく住みつきだした中国人
2006年04月12日 ◎中国で日本軍を題材にした親日的な小説「温故一九四二」がロングセラーとは・・・
2006年03月27日 ◎日本は腹を据えた外交をやるべき時が来ている
2006年02月17日 ◎共産党独裁国家の言論弾圧に協力する米国のグーグル、ヤフー等
2006年02月14日 ◎中国経済の裏と表 ハッキリ云って「ヤバイ!」
2005年12月29日 ◎中国のための日本人エージェント獲得の手口
2005年12月25日 ◎広がる嫌中意識 親しみ感じない63.4% 
2005年12月19日 ◎共産中国の嫌がらせ戦略
2005年12月12日 ◎中国の環境汚染は深刻であり、今や日本を脅かす存在になっている
2005年10月20日 ◎中国の人権弾圧にアメリカが改善要求
2005年10月10日 ◎共産中国の歴史的写真と偽造
2005年10月08日 ◎中国の凄まじい環境破壊から生まれた野菜(毒菜)を食べている日本人
2005年10月03日 ◎中国のロビー活動の成果か,米国の学者が中国の立場で日本の外交を批判
2005年09月14日 ◎銃殺した死刑囚の皮膚を剥ぎ取りコラーゲンを摘出する中国の化粧品
2005年08月28日 ◎中国の真意を見抜くアメリカ、真に受ける日本
2005年08月23日 ◎毛沢東と周恩来は大躍進政策で4000万人の餓死者を出した大悪党
2005年08月18日 ◎中国の共産革命に参加を余儀なくされた3万人もの日本人同胞はいずこに
2005年08月05日 ◎中華・朝鮮民族は死者まで鞭打つ文化
2005年07月30日 ◎中国の暴動発生と農業の崩壊
2005年07月27日 ◎また中国で原因不明の伝染病が蔓延
2005年07月24日 ◎中国人を理解する三つのキーワード
2005年07月08日 ◎中国共産党軍(八路軍)の規律厳正の神話は戦後の創作
2005年07月04日 ◎中国から輸入食品は危険
2005年07月02日 ◎日本の知的財産は中国の国内法で合法的に盗まれている
2005年07月01日 ◎これが共産党独裁国家の情報操作だ!
2005年06月30日 ◎日本の学校教材に圧力をかける中国共産党独裁国家
2005年04月29日 ◎中国は共産党独裁の国ということを忘れていませんか!
2005年04月13日 ◎「偽造国家」韓国・中国の極み 「70年戦争」「町ぐるみの偽造」
2005年04月10日 ◎「泣く子と地頭には勝てない」それを言っちゃお仕舞いよ!
2005年04月08日 ◎恩を仇で返す中国人 これが常識
2005年04月04日 ◎今日もまた13億の民が「日本をぶちのめせ〜♪」と歌っている

● 中国人とは(4)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_50001352.html
2006年10月02日 ◎中国人になりたくない中国人が増えている
2005年09月18日 ◎中国人のいろいろ(西北経済圏)
2005年09月06日 ◎中国人のいろいろ(華南経済圏)
2005年09月02日 ◎中国人のいろいろ(華東経済圏)

● 台湾(5)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_951914.html
2006年05月30日 ◎台湾軍の基礎を築いた旧軍の将校たち 「白団(パイダン)」
2006年05月23日 ◎日本人として日本のため戦った「台湾系元日本兵」の無念さを知る
2005年09月08日 ◎世界のならず者国家 中国に対抗するためには台湾との連携の強化が必要
2005年08月21日 ◎まだまだ見くびってはいけない日本人の誠意 高砂義勇兵の慰霊碑建立
2005年04月15日 ◎台湾は中国の領土ですか、それとも独立した主権国家ですか?

● アジア諸国(6)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_50001098.html
2007年10月11日 ◎「トルコ兵、クルド労働者党(PKK)と交戦」を聞いて
2005年11月24日 ◎生きるために必死になって働く子供たち
2005年10月14日 ◎イギリスの植民地統治が独立後の人種間対立を生んだ
2005年10月14日 ◎イギリスの植民地統治が独立後の人種間対立を生んだ
2005年09月04日 ◎日本・トルコの友好親善に尽くした、日露戦争の功労者「山田寅次郎」
2005年08月26日 ◎インド独立の最大の功労者 チャンドラ・ボース

● アメリカ(8)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_1495483.html
2007年07月04日 ◎日本人の気持ちを逆なでするアメリカ
2006年05月04日 ◎B29のこの恐るべき殺戮 一万七千五百機・爆弾十六万トンの「空襲」の記録
2006年04月13日 ◎日米の友情をあらわすワシントンの桜にもケチをつける韓国
2005年08月20日 ◎米国で日本たたきが始まる 裏でうごめく中国・韓国の影
2005年08月11日 ◎気象条件が左右した原爆投下目標 曇りの小倉から晴れの長崎へ
2005年08月10日 ◎日本国民を大空襲と原爆で殺戮し、日本政府から勲一等旭日大綬章を貰った男「ルメイ将軍」
2005年08月07日 ◎謀略の大東亜戦争 ルーズベルト・トルーマン両大統領の大罪
2005年08月06日 ◎日本を焼き尽くしたB29 国際法違反の恐るべき殺戮

● ヨーロッパ(5)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_951917.html
2005年10月04日 ◎権力闘争に明け暮れていた16世紀始めのバチカン(ローマ教皇)
2005年09月16日 ◎ユーロの先駆者は日本婦人青山光子の血を受け継ぐクーデンホーフ・カレルギー伯爵
2005年07月15日 ◎オーストラリアが日本軍人に示したジョンブル魂
2005年06月06日 ◎ドイツと近隣諸国との重い戦後処理
2005年05月31日 ◎ヨーロッパの治安悪化は人権屋と左翼運動家が原因

● アフリカ(2)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_1449482.html
2005年10月07日 ◎日本からのODAを横流ししてアフリカに根を張る中国
2005年07月10日 ◎スーダンのダルフール紛争について

● オシャレと若者たち(2)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_951943.html
2006年07月24日 ◎時代は巡る 軽さの変遷
2005年04月02日 ◎美学を捨てた女たち

● メディア論(6)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_951929.html
2008年02月04日 ◎おう揚さを無くした日本人
2007年01月04日 ◎NHKの品格
2006年08月02日 ◎日本のボクシング界に汚点を残した亀田興毅
2006年07月15日 ◎内股歩きの方々と市民権
2006年02月17日 ◎共産党独裁国家の言論弾圧に協力する米国のグーグル、ヤフー等
2005年09月21日 ◎パンドラの蓋が開いてしまったNHK 受信料不払いはこれからも益々増える

● 靖国神社と国の鎮め(23)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_1228494.html
2007年05月26日 ◎ペリリュー島のニミッツ元帥の詩碑
2007年05月20日 ◎「俺は、君のために・・・」は心の記録映画
2006年12月16日 ◎慰霊の島「硫黄島」
2006年07月22日 ◎絶妙のタイミングで出てきた「昭和天皇A級戦犯に不快 富田メモ」
2006年07月11日 ◎落ち目の加藤紘一議員 靖国論はあんたの負け!
2006年01月19日 ◎靖国参拝を外交カードにしたのは中曽根元首相の軽率な行動
2005年10月17日 ◎小泉首相 帳面消しの靖国神社参拝
2005年09月10日 ◎「勝負あり!」「国士 上坂冬子」にメンを取られた石原慎太郎 
2005年08月15日 ◎60回目の終戦記念日と国民の怒り
2005年06月27日 ◎千鳥ヶ淵戦没者墓苑、靖国神社と国立追悼施設
2005年06月25日 ◎沖縄の慰霊 硫黄島、サイパンの慰霊
2005年06月10日 ◎サイパン島は昔玉砕の島であった。
2005年06月09日 ◎菅さん! 西郷隆盛や白虎隊の少年隊員も靖国神社で御祀りしてますよ!
2005年06月08日 ◎大勲位がうそを言っちゃいけないよ!
2005年06月05日 ◎貴方はどれだけの軍人・軍属が戦犯として処刑され、または自ら命を絶ったかご存知ですか
2005年06月01日 ◎川村翁(卒寿90歳)の義憤に燃える心根を拝聴しようではないか
2005年05月30日 ◎世界の戦没者慰霊(米国、英国、仏国編)
2005年05月29日 ◎世界の戦没者慰霊(中国・韓国編)
2005年05月27日 ◎殉国の英霊に敬意と感謝を!
2005年05月25日 ◎中国が仕掛ける平時の戦争(外交の戦い)
2005年05月23日 ◎靖国神社は日本人の心の原点

● 人権擁護法案(7)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_1360406.html
2007年01月18日 ◎死刑執行は善良な国民の合法的な「復讐権」
2007年01月05日 ◎品性下劣な左翼人士
2006年12月05日 ◎理想論に走る「矯正と刑罰」
2006年08月04日 ◎青いシートと人権屋
2005年10月01日 ◎自民圧勝の副作用は善良な国民を苦しめる「人権擁護法案」か!
2005年08月08日 ◎暗黒社会をつくる人権擁護法案 共産主義社会は御免だ!
2005年06月02日 ◎油断メサルナ!「人権擁護法案」は部落開放と在日のための法案。国民を苦しめるだけ!

● 選挙(5)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_1497941.html
2005年10月16日 ◎いまや“鈴木宗男”にオーラなし
2005年09月17日 ◎旧態依然の管・小沢を廃して民主党代表になった前原氏に期待する
2005年09月15日 ◎労組の使い走りになった民主党に旧社会党の陰を見たのが選挙の敗因
2005年09月12日 ◎小泉首相“大勝利”にもかかわらず心配なこと
2005年08月09日 ◎総選挙が国の軸を中国寄りに!

● 裁判員制度(1)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_50003792.html
2005年10月29日 ◎他人の揉め事に首を突っ込み何ヶ月も仕事を休み行動を拘束されることを望みますか?

● 教育のあるべき姿(11)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_943931.html
2006年12月18日 ◎学校給食の任務を終了し、新しい給食のあり方を考えるとき
2006年09月16日 ◎教育の崩壊と立て直しについて(後編)
2006年09月15日 ◎教育の崩壊と立て直しについて(前編)
2006年05月05日 ◎子供には厳しい愛情表現が必要
2006年03年03日 ◎教育の失敗
2005年08月25日 ◎必要悪としての"暴力”論
2005年06月04日 ◎無気力・無関心・向上心がない若者を生き返らす秘策は「教育改革」あるのみ!
2005年05月08日 ◎教育者が陥りやすい欠点
2005年03月31日 ◎悪たれ小僧変身の秘密
2005年03月30日 ◎悪たれ小僧の変身振りにビックリ

● サラリーマン武士道(23)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_1070691.html
2008年02月08日◎命令した親方の責任と実行犯にさせられた弟子たち
2007年05月31日 ◎惻隠の情を無くした日本人
2006年08月02日 ◎日本のボクシング界に汚点を残した亀田興毅
2006年06月23日 ◎名選手必ずしも名監督ならず
2006年06月15日 ◎判断の基準が判らない新潟県十日町の人たち
2006年06月09日 ◎「YOSAKOIソーラン祭り」を素直に楽しめない者もいる・・・
2006年06月08日 ◎外務省の貴族体質がドミニカ移民の同胞を切り捨てた
2006年06月05日 ◎社保庁の村瀬清司長官を掩護すべき時
2006年03月26日 ◎どうにも腹の虫が収まらない
2006年03月23日 ◎韓国よ! 貴国は日本に完敗したことを認めなさい!
2006年01月23日 ◎IT企業の寵児“ホリエモン”ついに逮捕
2006年01月03日 ◎大学駅伝 指揮官の「情」と「非情」
2005年12月09日 ◎日本人と外国人の仕事に対する考え方の相違
2005年09月13日 ◎負傷した右ひじを責めつづけた黄選手と、負傷した右足を責めずに勝ちを譲ったラシュワン選手
2005年08月30日 ◎「恥を知る」という美学を忘れた日本人
2005年07月31日 ◎信じられない都職員の任務放棄 「ケジメをつけろ!」
2005年07月19日 ◎ヤキがまわった鳥越俊太郎(外務省機密漏洩事件について)
2005年05月15日 ◎新人教育と凡人の敵「慎独」
2005年04月30日 ◎信頼の源はスピードと責任感の有無
2005年04月26日 ◎軍隊のシステムと人材育成
2005年04月24日 ◎『やせ我慢の精神』は自分との戦い

● 捕鯨(2)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_1406133.html
2005年10月22日 ◎商業捕鯨の禁止はベトナム戦争における枯れ葉作戦の隠ぺい工作だった
2005年06月24日 ◎世界の漁業資源を食い尽くす鯨と中国・韓国の乱獲

● 外交と国家戦略(28)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_1022154.html
2007年02月23日 ◎国を売る人たちの論法
2007年01月24日 ◎媚中外交の最たるもの「北京詣で」
2007年02月23日 ◎国を売る人たちの論法
2007年01月24日 ◎媚中外交の最たるもの「北京詣で」
2006年08月15日 ◎終戦時には中国(中華人民共和国)も韓国も存在しなかった
2006年07月05日 ◎位負けの小沢代表の中国訪問は日本の国益にならない
2006年04月28日 ◎4月28日はoccupied Japanから日本の主権を回復した日
2006年04月02日 ◎胡錦濤に御指示を承りに行った橋龍以下7名
2006年03月27日 ◎日本は腹を据えた外交をやるべき時が来ている
2006年03月07日 ◎ルーズベルトの思い込みから日本を追い詰めた元ネタ「田中メモリアル(上奏文)」
2006年03月06日 ◎張作霖爆殺は関東軍だという定説を覆す証言
2006年02月27日 ◎韓国・潘外相を国連事務総長に推薦してはいけない理由
2006年02月20日 ◎好感度世界一の日本の意外性
2006年02月27日 ◎韓国・潘外相を国連事務総長に推薦してはいけない理由
2006年02月20日 ◎好感度世界一の日本の意外性
2006年01月29日 ◎中国の対日政治工作の全貌
2005年11月28日 ◎ハイエナのような欧米の帝国主義と対峙し、戦い続けた明治の日本
2005年09月30日 ◎陸軍士官学校における留学生教育
2005年09月29日 ◎植民地からの独立と復興の礎となった人々を育成した「南方特別留学生制度」
2005年09月28日 ◎戦時下アジア諸国の独立の基幹とも言うべき人材を育成した日本軍
2005年09月26日 ◎はじめて中国に真正面からモノを言った在米北野公使 「中国の非民主的姿勢を批判」
2005年09月20日 ◎中国によるガス田盗掘は湾岸戦争勃発と同じレベル
2005年09月19日 ◎国連に対する甘い幻想は捨てて、国益重視の現実的な外交を!
2005年07月16日 ◎ハワイはその昔「独立国」であった(アメリカの領土的野心)
2005年07月11日 ◎日中戦争の発端となった盧溝橋事件の第1発は中国の金振中大隊の兵士
2005年06月07日 ◎石原都知事の先見の明に脱帽
2005年06月03日 ◎日本を取り巻く厄介な国々の国民性
2005年05月09日 ◎世間知らずのお坊ちゃま 周りはハイエナばかりですぞ!
2005年05月05日 ◎親日国ほど大切に!
2005年04月22日 ◎中曽根元首相の二の舞をやるのですか?
2005年04月21日 ◎主権ってなんだろう
2005年04月14日 ◎国益ってなあ〜に?

● 日本の政治家(24)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_50003857.html
2008年01月22日 ◎衆・参両議院の議長は反日主義者か(その1)
2008年01月22日 ◎衆・参両議院の議長は反日主義者か(その2)
2008年01月01日 ◎日本人(政治家)の致命的欠陥
2007年12月18日 ◎国辱的中国詣で 世界に恥を晒した小沢代表一行
2007年09月09日 ◎政局をオチョクルのは納得できない!
2007年08月15日 ◎小沢一郎に韓国寄りの発言が多い一因
2007年04月05日 ◎庶民感覚と貧乏根性
2006年11月24日 ◎タウンミーティングをめぐる「やらせ質問」を問題にする意味
2006年08月05日 ◎謀略国家“中国”の術策にはまる日本の政治家たちと「富田メモ」の意味
2006年07月28日 ◎国を売る日本の指導者たち
2006年05月10日 ◎小沢代表に政権政党の長としての資格ありや???
2006年04月15日 ◎教育基本法改正に創価学会(公明党)の意見採用はものごとの本質を失わせる
2006年04月10日 ◎小沢一郎民主党代表に期待できるのか?????
2006年04月02日 ◎胡錦濤に御指示を承りに行った橋龍以下7名
2006年03月16日 ◎麻生外相が中国にお灸
2005年12月28日 ◎情報合戦にワキの甘い日本 橋本元首相に続いてまたも完敗
2005年12月04日 ◎コミック本“加治隆介の議”が面白い
2005年11月06日 ◎町村を外し、麻生太郎を外務大臣にした理由
2005年11月05日 ◎公明党に擦り寄る小坂憲次文部科学相と河本三郎文科副大臣
2005年11月04日 ◎職務放棄を宣言した杉浦正健法相は大臣の職を辞退すべきである
2005年11月03日 ◎小泉内閣総仕上げにはダーティーな「山拓」は要らない
2005年11月02日 ◎経済産業大臣の二階俊博氏は反日の巨魁「江沢民」の碑を全国に建てようとした男
2005年10月31日 ◎石の銅像が寒いってかい! 悪口女の真紀子さんよ

● 軍事問題と考え方(32)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_951925.html
2007年10月03日 ◎情緒的にならず「隠さず真実を教える」のが教育
2007年04月02日 ◎事に望んでは危険を顧みず!!!
2007年03月15日 ◎ペリリュー島守備隊の健闘を称えるニミッツの詩
2006年12月16日 ◎慰霊の島「硫黄島」
2006年07月04日 ◎日本人の美学は武士道精神から
2006年06月25日 ◎御伽草子 「熊と兵隊」
2006年05月20日 ◎中国の嫌がらせと日本航空・全日空の反日行為
2006年05月14日 ◎「共謀罪」法案はホンネの議論を!
2006年05月06日 ◎多民族国家だった日本の軍隊の悲哀
2006年04月24日 ◎佐久間艇長を今一度!
2006年04月12日 ◎中国で日本軍を題材にした親日的な小説「温故一九四二」がロングセラーとは・・・
2005年12月10日 ◎日本軍青年将校の指導でベトナム人民がフランス軍に立ち向かった裏話
2005年11月30日 ◎歴史を巨視的に大観する術を心得ない日本の指導者
2005年09月22日 ◎海外公館に「情報担当官」を新設は危機管理の第一歩
2005年08月29日 ◎大東亜戦争の心理戦 日本軍の謀略ビラ
2005年08月22日 ◎戦争画(ニューギニア密林の死闘)佐藤 敬 油彩
2005年07月26日 ◎「日本軍=悪」の「刷り込み」からの解放を!
2005年07月12日 ◎敵であろうと味方であろうと勇敢なる軍人には敬意を払うものである
2005年07月07日 ◎旧日本軍の悪行とされている『三光』は中国の伝統的戦争文化
2005年07月05日 ◎シミュレーション「日中もし戦わば」と「国の慰霊」
2005年07月03日 ◎日米の軍人が命を懸けた戦場の実相 サイパン島
2005年06月28日 ◎サイパン島 米軍の卑劣な毒ガス攻撃
2005年06月26日 ◎大東亜戦争という名称を使うだけで右翼だと思いますか?
2005年06月23日 ◎『戦艦大和ノ最後』と軍事常識
2005年06月11日 ◎サイパン島バンザイ・クリフの悲劇は米軍の強姦と虐殺が誘発した
2005年05月28日 ◎「2人の旧日本兵フィリピンで生存」の文字躍る
2005年05月19日 ◎旧日本軍の遺棄化学兵器の処理は半永久的に日本から金をむしり取る「打ち出の小槌」
2005年05月04日 ◎自己犠牲の精神(空自パイロットの墜落死)
2005年05月01日 ◎軍人の宿命
2005年04月25日 ◎『旧日本陸・海軍の遺産』と自衛隊の継承
2005年04月23日 ◎旧軍に対する誤解を解く

● 南京事件の検証(3)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_1132219.html
2005年12月05日 ◎「百人斬り」って何だあ!
2005年07月06日 ◎中国人が行った南京大虐殺
2005年05月06日 ◎復讐裁判と「百人斬り」の軍事的非常識

● 戦後処理(6)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_1421761.html
2006年05月24日 ◎ソ連軍の常軌を逸した婦女暴行
2006年05月01日 ◎血のメーデー(皇居前広場の激突)
2006年04月30日 ◎外地からの引揚・復員はまさに660万人の民族大移動であった
2005年09月05日 ◎北朝鮮に残した戦前の日本「資産」はダムや工場など8兆円規模
2005年08月16日 ◎中国人学者の偽善に騙されるな! 賠償は大陸に残した日本の資産との相殺で解決済み
2005年06月29日 ◎まぼろしの日本分割占領案

● 戦後補償と経済援助(6)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_1007481.html
2005年11月01日 ◎ヤクザまがいの中国と一緒になって国民の血税を垂れ流す外務省の官僚たち
2005年10月19日 ◎憲法で“禁止している宗教的活動”を教条的に解釈し実行して、世の中丸く収まるのか
2005年07月29日 ◎日本人も韓国人も知らない韓国への山盛りの経済援助
2005年04月19日 ◎国民の税金を湯水のように使った対中ODAも後3年
2005年04月12日 ◎ドイツは個人補償はしていても国家賠償はなし
2005年04月11日 ◎いつまで強請るの?

● 戦犯と捕虜(8)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_1112427.html
2005年12月26日 ◎えげつなかったマッカーサー元帥 “日本国の祝祭日を鎮魂の日に”
2005年10月27日 ◎民主党の野田国対委員長が、「『A級戦犯』と呼ばれた人たちは戦争犯罪人ではない」と正論を吐く。
2005年09月25日 ◎東條由布子さんの怒りのメール
2005年08月13日 ◎日本軍人・軍属に対する国際法違反のシベリア抑留
2005年08月02日 ◎ドイツ人捕虜が連合軍(米・英・仏)によって60万人も虐待死させられたことをご存知ですか?
2005年06月17日 ◎リンドバーグの衝撃証言
2005年05月20日 ◎戦犯と名誉回復 処刑された7人の国家指導者(法務死)はどこに祀られているか
2005年05月02日 ◎やりきれない日本人の習性

● ジェンダーフリー(5)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_1119021.html
2005年09月23日 ◎肩の力を抜いてはいけない若者たち
2005年07月23日 ◎フェミニズムの害に目覚めたアメリカからのリポート
2005年07月20日 ◎ジェンダー・フリー、人権屋は国家を衰亡させる隠れマルクス主義(フランクフルト学派)者
2005年06月14日 ◎嘘から始まったジェンダーフリー
2005年05月03日 ◎「男らしさ」「女らしさ」は6割4割の世界

● 男と女の美学(8)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_1142382.html
2006年06月21日 ◎成熟しない女たちとオスになりきれない男たち
2005年10月21日 ◎日露戦争戦勝100周年記念と明治の女
2005年10月18日 ◎さんまも驚く今時の価値観
2005年10月15日 ◎休談(その2) 現代にも通用する明治の貴婦人
2005年10月05日 ◎休談 明治時代のポスターに見る美人系図
2005年09月24日 ◎愛する家族と男の責任 「シンデレラマン」
2005年05月11日 ◎戦う男のロマン『フランス外人部隊』
2005年05月07日 ◎男の美学を忘れた男たちと韓流スターにはまる女たち

● その他(9)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_951962.html
2006年10月31日 ◎兄弟ブログ テーマ一覧
2006年07月10日 ◎エッSAY! 300テーマ(カテゴリー別)一覧
2006年07月09日 ◎Depot 徒然なるままにエッSAY!の資料庫(75テーマ)の一覧
2006年03月04日 ◎250テーマ(カテゴリー・月日別)一覧 17.3.30〜18.3.4
2005年09月08日 ◎155テーマ(カテゴリー別)一覧 3.30〜9.8
2005年09月08日 ◎155テーマ(月日別)一覧 3.30〜9.8
2005年07月17日 ◎100テーマ(カテゴリー別)一覧 3.30〜7.16
2005年06月13日 ◎70テーマ(カテゴリー別)一覧 3.30〜6.12
2005年05月24日 ◎50テーマ(カテゴリー別)一覧 3.30〜5.23

posted by ディポ at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

「ミリメシ」ブーム

「ミリメシ」
posted by ディポ at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

中国スパイ「米国の脅威」

中国スパイ「米国の脅威」
産経新聞 20.2.4
posted by ディポ at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事・外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

毒ギョウザ事件の中国“開き直り”調査団

毒ギョウザ事件の中国“開き直り”調査団
産経 20.2.5
posted by ディポ at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

中国国内でのメタミドホス中毒および死亡状況

福島香織さんの北京趣聞博客(ぺきんこねたぶろぐ)からの抜粋
http://fukushimak.iza.ne.jp/blog/1/

■主席医学ネットより。
江蘇省太倉市のメタミドホス中毒および死亡状況。
1997年〜2002年全市の医療機関から市疾病コントロールセンターに報告された農薬中毒案件は、654例で、農薬中毒症の81・75%だった。うち死亡例は210例で、農薬中毒死亡例の97・22%だった。同市における平均発症率は一万人に2・27人。農作業中の中毒は150例で死亡はゼロ。それ以外の中毒は504例で死亡率は41・67%。中毒者の60・55%が30〜60歳。

■中毒の原因は、農作業中の中毒によるほか、メタミドホスを塗布した野菜果実を食べるなどの誤食(というか残留農薬)、農薬の瓶を食用瓶に使ったことによる誤飲、家庭不和、恋愛挫折、失業、職場の同僚との喧嘩などの原因に理由による服用自殺などがあった。(以上、引用おわり)

■これは、メタミドホス生産が盛んな太倉市におけるメタミドホス中毒の多さを指摘し、現地医療機関に対策を講じることを求める調査リポートからの抜粋。リポートはメタミドホスが、農薬中毒でもっとも多く、死亡率も高く、農民の健康を脅かしている実態を訴えている。調査はメタミドホス禁止の公布が出る前のものだが、中毒例は農作業中より、誤食、誤飲、自殺の方が多いのだ(死亡率も)。なかでも農薬の瓶を食用瓶に使うなどの無知ぶりにがくぜんとさせられる。ようするに、メタミドホスの危険性が分かっていない農民が多いということだ。つまり危険性を認識せず収穫直前などにもがんがん農作物にまいたりすることもありうる。

■こういうことから、次のような事件が国内でしばしば起きている
■嘉興日報(2008年1月29日付、浙江省の地元紙)
浙江省嘉興市秀州区油車港鎮馬庫村で27日夜、2家族9人が一緒に火鍋(鍋料理)を食べ、食べ終わらないうちに腹痛、嘔吐などにおそわれ、6人が病院にはこばれた。けいれんなどを起こしたので、化学検査した結果、有機リン農薬中毒と診断された。
 彼らのうち2人は経過観察が必要な重症だった。彼らは家が強制撤去され、引っ越し先もない状況だったので、友達家族の家に一時借り住まいしていた。夜、みんなで一緒に食事をしたときの出来事だった。症状を訴えた最高齢は84歳、最年少は14歳。食事中酒をのんでいた3人は症状がなかった。
 鍋に入れた食材はその日午後に買ったものばかり。ただ白菜だけは自分の畑で栽培していた。白菜は夏の終わりごろにメタミドホスを使用したことがあるが、これまで問題はなかった。

■仏山日報(2007年6月26日)
広東省仏山市の富湾大橋工事現場の食堂で22日昼、トマトスープなどを食べた民工(出稼ぎ農民)21人が食事後1時間半後、動悸がくるしくなる、嘔吐、脂汗などの症状を訴え、うち7人が意識不明の重体になった。病院に運ばれ、胃の洗浄などの治療を受けて命は助かった。
 翌日、警察が食事の残りを化学検査したところ、トマトスープから有機リン系農薬が検出された。このトマトは、不定期の移動露天商が売っていたものだった。


■華西都市報(2004年4月8日)
4月7日、衛生当局は食品安全警告の広告を発表。メタミドホスを食品に入れないよう、農薬を保存する場所には「たべられません」との表示をつけ、農薬誤食中毒を防止するよう呼びかけた。
 というのも、3月31日、4月4日に、同省でメタミドホス中毒事故が相次いでおき、12人が中毒、うち2人が死亡した。無色透明なこの液体を調味料と間違えて料理に使用したのが原因だ。

■倉庫や小売店、あるいは農家の物置(台所にも?)メタミドホスは残っている。また、危険性をあまり認識せず、せっかく買ったんだからもったいないから今年も使おうなんて農民もいるだろう。中国では、だから高毒性農薬が比較的簡単に手に入る、といってもいいだろう。そして、そのことが「投毒」と呼ばれる事件も多く誘発している。たとえば以下のような事件。

■合肥晩報(2007年9月12日)
8月20日、合肥市肥東県公安当局は、桐山村の農村家庭で、家でビールを飲んでいた男性がビールの味がおかしいと訴えたので捜査を開始。ビール瓶の蓋には針であけたような穴があった。化学検査の結果、ビールからメタミドホスが検出され、蓋の穴から注入されたと断定。この日、妻が男性の賭け事を責めたことで、夫婦喧嘩があり、妻によるウラミの犯行であることがわかった。

■江南都市報(2007年3月19日)
 撫州市臨川区で、近所とけんかした農婦が報復のつもりでメタミドホスを井戸に投げ入れ、9人が中毒症状を起こしたが全員命が助かった。臨川警察は農婦を「投毒致傷」の疑いで逮捕。16日、村の3家庭9人の村人が次々めまい、腹痛をおこし、警察が投毒事件として捜査していた。

■今回の日本の毒ギョーザ事件の背景はまだ分からないし、上に述べたことと直接、関連づけるつもりはない。だが、中国でメタミドホスの管理がさほど厳格ではなく、その結果、メタミドホスが原因の事故、事件は少なくない、ということは、日本人も知っておいた方がいい。そして、日本政府は、そういう中国の状況にどう対応するべきかを、今考えるときだろう。

■たとえば、中国政府が過去に販売したメタミドホスの回収法や管理をどのように考えているのか問いただしてみたり、農民の安全教育研修や流通上の安全管理の技術、ノウハウなどの相談に応じてみたり。生産禁止(今年)後のプラントがどう処理、解体されるか、あるいは転用されるか、ちゃんと説明をうけるとか。

■でも、やはり一番重要なのは、日本政府、日本企業そして日本人消費者が、食の安全をどう自衛するか、を考えることだと思う。それは、国内の食品自給率をもう少しアップするにはどうしたらいいかとか、海外から来る食品の安全レベルを引き上げる検疫システムをどう改善するとか、あるいは、小さい子供がいる家庭では、手料理を増やしてもらうために、働くお母さん、お父さんへの便宜をはかるべきじゃないかとか、そういうレベルの議論でも、無駄とか無理とかあほらしいとか思わずにやるのも必要じゃないかな、と思ったりするのである。
posted by ディポ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

日本相撲協会の新役員

日本相撲協会の新役員
産経新聞20.2.1

新役員の細部
読売20.2.5
posted by ディポ at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝統・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。