2006年04月30日

千鳥ヶ淵戦没者墓苑納骨一覧表

千鳥ヶ淵戦没者墓苑について
○墓苑の概要
 大東亜戦争では、広範な海外地域で苛烈な激戦が展開され、海外における日本の軍人・軍属の戦没者及び戦火に巻き込まれて亡くなられた邦人は、合計で約二四〇万人の多さに達し、しかもこれらの多くは終戦に際し、海外に残されたままとなりました。
 戦後遺族をはじめ国民各層から、戦没者の遺骨奉還と、これに伴う「奉安墓」の建設の声が澎湃(ほうはい)として起こり、政府はこれを受けて、関係者の意見をまとめ、戦没者の「墓苑」をここ千鳥ケ淵に建設することになり、昭和三十四年三月二十八日施工に至りました。
 政府は毎年各地域に遺骨収集団を派遣しておりますが、奉還されたご遺骨のうち御遺族にお渡し出来ないものを当戦没者墓苑に奉安しております。墓苑の面積は約五千坪あり、苑内には大小の樹木約四千本が植樹され、四季を通じ鬱蒼(うっそう)と繁茂しています。
 この墓苑は厚生労働省がご遺骨の管理を、環境省が施設の管理を担当して、戦役者墓苑にふさわしい荘厳さを維持できるよう努力されています。
 なお墓苑の建設経緯など細部について興味のある方はホーム。ぺージをご覧下さい。
http://homepage2.nifty.com/boen/
千鳥ヶ淵戦没者墓苑発行の資料から抜粋

千鳥ヶ淵戦没者墓苑、靖国神社と国立追悼施設
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/26450184.html

靖国神社と国の鎮め(18項目)
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/cat_1228494.html

千鳥ヶ淵戦没者墓苑納骨一覧表.xls


posted by ディポ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 慰霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。